本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

ハーフタイムショーの出演者は、平均で試合後の売上が555%増加しました。

2分で読めるシリーズ|2010年2月

スーパーボウルは、スポーツとその広告主だけでなく、ハーフタイムに出演する一流ミュージシャンにも多大な露出を提供しています。Nielsen SoundScanの分析によると、過去5回のスーパーボウルのハーフタイムショーで演奏された曲は、翌週に平均555%の売上増を記録しています。一方、出演者のトップアルバムは、翌週の売上が平均478%上昇しました。

ブルース・スプリングスティーンの2009年のハーフタイム・パフォーマンスは、彼の最新アルバム "Working on a Dream" のリリースと同時期に行われました。この公演により、アルバムは初週に224,000枚を売り上げ、デビューを果たしました。また、この公演はボスのカタログ全体を押し上げ、他のすべてのアルバムの売上は翌週に218%も上昇しました。

デジタル・ダウンロードが示すように、スプリングスティーンのハーフタイムのセットリストもヒットした。スーパーボウル後の1週間で、彼が演奏した4曲のデジタル・セールスはそれぞれ急増しました。「Tenth Avenue Freeze-Out」(1320%増)、「Glory Days」(602%増)、「Born To Run」(360%増)、「Working on a Dream」(221%増)の4曲のデジタルセールスを記録しました。

「スーパーボウルのハーフタイムショーは、何度も何度も音楽の売上を大きく伸ばす要因となっています。 「スーパーボウルやグラミー賞のような大きなテレビ放映イベントは、アーティストが普段接することのないような、さまざまな年代の何百万人ものアメリカ人の目に触れる機会を提供するのに役立ちます。 スプリングスティーンやトム・ペティのようなクラシック・ロック・アーティストがスーパーボールに出演すると、ファンがなぜそのアーティストを最初に好きになったかを思い出し、その人たちを購買に向かわせることにもなるのです。"

ポストゲームテレビバンプ

スーパーボウルの前座を務めたテレビ番組は、これまでほんの一握りしかありません。ネットワーク局の番組制作者にとって、試合後の時間帯は、通常では到達できないような幅広い層の視聴者に番組を紹介できる貴重な機会である。1990年以降、最も視聴された試合後の放送は、NBCでダラスがピッツバーグを破ったスーパーボウルXXXの後に放送された『フレンズ』の特別エピソードであった。

ポストスーパーボウルの最多視聴試合

(1990年以降)

スーパーボウル ネットワーク 試合終了後のプログラム 平均視聴者数
XXX 1996 エヌビーシー フレンズ 52,925,000
XXXV 2001 CBS サバイバーII 45,369,000
XL 2006 ABC グレイズ・アナトミー 37,881,000
XXXII 1998 エヌビーシー サードロック・フロム・ザ・サン 33,662,000
XXXVIII 2004 CBS サバイバーオールスター 33,535,000
出典ニールセン・カンパニー

これらの番組の成功のもう一つの指標は、ゲームからの視聴者の保持率です。例えば、「フレンズ」は9,400万人のスーパーボウルXXXの視聴者のうち、56%を維持した。最近では、スーパーボウル後の番組も様々な結果が出ています。

オーディエンスリテンション