本コンテンツへスキップ
インサイト>デジタル&テクノロジー

ソーシャルメディアがブランドマーケティングに与える影響

3分で読めるシリーズ|2011年10月

NielsenとNielsen/McKinsey傘下のNM Inciteが最近発表したSocial Media Reportに示されるように、消費者はこれまで以上にソーシャルメディアを利用しています。このレポートに基づいて行われた NM Incite の調査は、ブランドを構築し、視聴者とより直接的につながろうとするマーケティング担当者にとって、ソーシャルメディアがどのような影響を与えるかを明らかにするものです。

ソーシャルメディアは、消費者がブランドや製品を発見し、リサーチし、情報を共有する方法において重要な役割を担っています。ニールセンについて 。実際、複数のオンライン情報源から製品をリサーチしている消費者の60%は、ソーシャルネットワーキングサイトを通じて特定のブランドや小売業者を知り、ニールセンについて 。 アクティブなソーシャルメディアユーザーは、オンラインで製品レビューを読む傾向があり、5人に3人は製品やサービスのレビューを自分で作成します。女性は男性よりも、自分が気に入った製品を他の人にニールセンについて 伝える傾向が強い(女性の 81% 対男性の 72%)。 全体として、消費者が作成したレビューと製品評価は、ソーシャルメディアユーザーが最も好む製品情報源となっています。

ブランドに関する好ましい情報源

調査によると、ソーシャルメディアは、消費者がお気に入りのブランドや製品への忠誠心を表現するためのプラットフォームとしてますます利用されるようになっており、多くの人が、製品の販売促進に貢献することでブランドから利益を得ようとしています。 ソーシャルメディアを通じてブランド体験を共有する人のうち、少なくとも41%が割引を受けるために共有すると回答しています。 また、ニールセンのグローバルオンライン調査の結果によると、3人に2人がソーシャルコンテキストを含む広告に非常に影響される、または多少影響されると回答しています。

ソーシャルメディアは、ブランドを保護する上でも重要な役割を担っています。ソーシャルメディアユーザーの58パーセントが、他の人を悪い体験から守るために製品レビューを書くと答え、4人に1人近くが、「企業を罰する」ためにネガティブな体験を共有すると答えています。 また、多くの顧客がソーシャルメディアを使ってブランドとカスタマーサービスレベルで関わっており、18歳から34歳の42%が、苦情があった場合12時間以内のカスタマーサポートを期待していることを認めています。

消費者が企業体験を共有する理由

一方、もう一つの興味深い傾向は、消費者がソーシャルメディアを通じてブランドの大使や支持者として活動することに関心を抱いていることです。 アクティブなソーシャルネットワーカーの大多数(53%)は、ブランドをフォローしています。これらのブランドは、ファンやフォロワーを募って、自社の製品やサービスを口コミで推奨しています。ニールセンについて 。オンラインで製品レビューを書いている消費者のうち、過半数が、企業の「よくやったという評価を与える」ために自分の体験を共有すると答えています。 ソーシャルメディアユーザーは、お気に入りのブランドとのコラボレーションにも関心があり、18歳から34歳の60%が製品の改良を勧めたいと回答し、さらに64%が製品のカスタマイズを希望しています。