本コンテンツへスキップ
02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>デジタル&テクノロジー

新たなモバイルへのこだわり 米国のティーンエイジャーはデータ使用量を3倍に増やす

1分で読めるシリーズ|2011年12月

ティーンエイジャーが正式にモバイル・データ・ツナミに加わり、過去1年間でモバイル・データ消費量を3倍以上に増やす一方、主要メッセージ送信者としての牙城を維持している。ニールセンは、調査への参加を志願した65,000人以上の携帯電話加入者の毎月の携帯電話料金の最新データを用いて、米国の10代の若者のモバイル利用動向を分析した。2011年第3四半期、13~17歳の10代の若者の携帯電話のデータ使用量は月平均320MBで、前年比256%増と、他のどの年齢層よりも速いペースで増加している。 この活動の多くは10代の男性が牽引しており、10代の男性は月間382MB、女性は266MBを使用している。

モバイル・バイ・エイジ01

メッセージは依然として10代のモバイル行動の中心である。 2011年第3四半期の月間メッセージ交換数(SMSおよびMMS)は、10代1人当たり3,417通に達し、起きている1時間当たり平均7通であった。 メッセージの送受信は10代女性が中心で、男性の月間2,815通に対して3,952通。 メッセージ以外では、モバイルインターネット、ソーシャルネットワーキング、Eメール、アプリのダウンロード、アプリの使用など、データ量の多いアクティビティが最も人気のあるモバイルアクティビティである。

モバイル・バイ・エイジ02

ティーンエイジャーは携帯電話での通話に重点を置いていない。このグループでは音声通話利用が最も減少しており、平均685分から572分となっている。10代の若者が通話よりメッセージを好む理由のトップ3は、「より速いから」(22%)、「より簡単だから」(21%)、「より楽しいから」(18%)であった。

その他のモバイルに関する洞察は、State of the Mediaをダウンロードしてください:モバイル・メディア・レポート 2011年第3四半期

関連タグ

類似のインサイトを閲覧し続ける