本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

iHoliday 2011に期待する米国の子どもたち

2分で読めるシリーズ|2011年11月

ブラックフライデーやホリデーシーズンが近づくにつれ、Appleは家電ブランドとして注目されているようです。Nielsenの最近の調査によると、子供たちの年末年始のゲームや電子機器への欲求は、iPadを筆頭に、売れ筋のApple製品で満たされていることがわかります。

米国の子供たちが2010年に発表した欲しいものリストと同様に、2011年の年末商戦で6歳から12歳の子供たちが最も欲しい家電製品はAppleのiPadでした。iPadは、2010年の31%から半数近く(44%)の子供たちが興味を示しており、その勢いを増しています。iPod Touch(30%)とiPhone(27%)というAppleの他の2つの人気デバイスが子供たちのトップ3に入り、コンピュータと他のタブレット・ブランドはそれぞれ若年消費者の4分の1を訴求しています。

また、今年は多くの子供がゲーム機を欲しがりますが、その中でもユニークなゲーム技術を提供する2つの製品、ニンテンドー3DS(25%)とXbox 360用Kinect(23%)が上位を占めています。3DSは2011年春に発売されること、Kinectへの関心が昨年より高まっていること(14%増)から、今年の年末商戦では両機種とも頻繁にリクエストされることが予想されます。また、「プレイステーション 3」(17%)と「Xbox 360」(16%)は、「ニンテンドー Wii」(11%)を抑えて、最も欲しいゲーム機として挙げられています。

バイイング・インタレスト・キッズ・6-12

13歳以上では、iPadの魅力は昨年(18%)よりさらに広がり、2010年のトップであったコンピュータ(18%)を上回りました。さらに、iPadは他のタブレット製品への道を開くことに成功したようで、大人/10代の17%がApple製以外のタブレット製品にも興味を示しています。

電子書籍リーダー(18%)も昨年(15%)に比べて10代と成人の間で高い訴求力を示しており、ゲーム機器は全体的に13歳以上の層が興味を持つ可能性がやや低くなっています。ただし、昨年のデータは、同製品が2010年11月4日に大規模に発売される前のものであった。

既存の技術から新しい技術まで、多くの製品から選択することができるため、電子機器は今シーズンも買い物客のリストに載る可能性があります。

ゲームや幅広いエンタテインメントのカテゴリーにおけるゲーマー、コンソールのダイナミクス、時間とお金の配分に関する詳細な情報は、第3回Nielsen 360° Gaming Reportに掲載されます。米国市場)」に掲載されます。また、2010年版レポートの主な調査結果の概要は、こちらからダウンロードできます。

2011年10月、米国の一般人口(n=3,000)を対象に実施した調査。

利権屋