本コンテンツへスキップ
インサイト>デジタル&テクノロジー

米国、英国、ドイツ、イタリアにおけるモバイル広告効果の比較

1分で読めるシリーズ|2012年3月

ニールセンの新しい調査によると、ドイツ、イタリア、イギリスのタブレットおよびスマートフォン所有者は、アメリカのデバイス所有者よりも、タブレットまたはスマートフォンの広告を見た後にPC経由でオンライン購入する可能性が高いことがわかりました。 一方、イタリアのデバイス所有者は、タブレットやスマートフォンで広告された製品についてさらに情報を得るために広告をクリックする可能性が最も高くなっています。 米国人は、広告を見た後、スマートフォンで購入する可能性が最も低い。 最後に、米国のタブレット端末所有者は、米国のスマートフォン所有者よりも、モバイル広告を見た後にモバイル広告をクリックしたり、より詳しい情報を検索したりする傾向が強いです。

モバイル広告効果

モバイル消費者に関するその他の考察は、ニールセンとNMインサイトの新しい「米国デジタル消費者レポート」で見ることができます。