02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

クロスプラットフォーム・レポート 2011年第3四半期

2分で読む|2012年2月

アメリカ人は週に33時間以上、スクリーン全体でビデオを見ている。しかし、彼らがどのようにビデオを消費しているかは、従来のテレビもそうでないものも含めて、利用可能性や進歩、使いやすさ、経済性のおかげで刻々と変化している。ストリーミングであれ衛星放送であれ、地上波であれネット配信であれ、消費者がどのように視聴しているかを理解することは、これまで以上に重要である。

本レポートでは、米国の消費者がブロードバンド、タイムシフト視聴、ストリーミング・ビデオ、従来型テレビなどにどのように関与しているかについての情報と洞察を紹介する。

TUNINGIN
消費者はつながり続けている。米国のテレビ世帯の大多数(90.4%)は、テレビ契約(ケーブル、電話会社、衛星放送)に料金を支払っており、約4分の3(75.3%)はブロードバンドインターネットを選択している。これは非常に多く、景気が悪く、消費者が利用できるエンターテインメントの選択肢が多数あるにもかかわらず、この割合は安定している。実際、昨年以来、テレビとブロードバンドの両方に料金を支払っている家庭の数は5.5%増加している。

しかし、消費者が自分にとって最も理にかなった加入サービスを求めているため、変化は進行中である。有線ケーブルに加入している家庭の数は、この1年で4.1%減少した。同時に、電話会社提供(テレコ)と衛星テレビは、それぞれ21.1%と2.1%増加した。

LOGGINGON
従来の有料テレビ契約をスキップしてブロードバンドに加入する家庭が100万軒近く増えている。ケーブルプラス/ブロードバンドが8,080万世帯、ケーブルプラス/ブロードバンドなしが2,230万世帯であるのに対し、放送のみ/ブロードバンドは510万世帯である。ブロードキャストオンリー/ブロードバンド加入世帯は最も少ないが、その数は2010年第3四半期から22.8%増加している。

放送のみ/ブロードバンド世帯の増加は、どのカテゴリーよりも顕著であるが、これは必ずしもサービスのダウングレードを示すものではない。むしろ、放送のみの家庭がニーズの変化に応じてブロードバンドにアップグレードしたことを反映している可能性がある。ブロードバンドインターネットの重要性がさらに強調されたのは、ケーブルプラスとブロードバンドなしに加入している家庭の数が、昨年から17.1%減少したことである。

OPTING IN
ケーブルテレビ、電話会社、衛星放送など、特定のテレビ配信ソースを選択するエスニック世帯の割合も変化している。有線ケーブルは、白人、アフリカ系アメリカ人、ヒスパニック系、アジア系世帯では依然としてトップであるが、2011年第1四半期と比較すると、有料テレビ加入に占める割合は減少している。衛星放送に加入している世帯は比較的安定しており、放送のみの世帯もすべての人種で同様である。

興味深いことに、契約タイプ間で最も大きな変化があったのはアジア人である。2011年第1四半期には、アジア人の3分の2近くが有線ケーブルに加入していたが、現在は半数の51%にとどまっている。また、アジア人の12%は、2010年の9%から、現在では電話会社による配信を選択している。ヒスパニック系の家庭では、放送のみ(15%)、または衛星放送(34%)を利用する割合が他のどの民族よりも高い。

類似の洞察を閲覧し続ける