02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>デジタル&テクノロジー

ソーシャルメディア・レポート2012ソーシャルメディアの時代

2 分で読めます |2012年12月号

ソーシャルメディアとソーシャルネットワーキングは、もはや黎明期ではない。ソーシャルメディアは急成長を続け、世界の消費者に、自分にとって重要な人々やイベント、ブランドと関わるための新しく有意義な方法を提供している。 ニールセンとNM Inciteの最新ソーシャル・メディア・レポートによると、消費者がソーシャル・ネットワークに費やす時間は、他のどのカテゴリのサイトよりも長く、パーソナル・コンピューター(PC)経由のオンライン利用時間全体のおよそ20%、モバイル経由のオンライン利用時間全体の30%を占めている。 さらに、米国におけるPCとモバイル・デバイスを通じたソーシャル・メディアの総利用時間は、2011年7月の880億分に対し、2012年7月は37%増の1,210億分でした。

最近のモバイル機器とコネクティビティの普及は、ソーシャルメディアの継続的な成長を後押しした。ソーシャルメディアへのアクセスはパソコンが主流であることに変わりはないが、消費者がモバイルアプリやモバイルウェブでソーシャルメディアに費やす時間は、2012年は前年同期比で63%増加した。

フェイスブックは依然としてトップのソーシャル・ネットワークだが、新しいソーシャル・メディア・サイトが次々と登場し、人気を集めている。

フェイスブックは、PC(1億5,220万人)、モバイルアプリ(7,840万人)、モバイルウェブ(7,430万人)を通じて、米国で最も訪問者の多いソーシャルネットワークであり続けており、各プラットフォームを通じて、次に大きいソーシャルサイトの数倍の規模となっている。 また、滞在時間の面でも米国トップのウェブブランドであり、パソコン経由のオンライン滞在時間の約17%がフェイスブックである。

消費者が選択できるソーシャル・メディア・ネットワークの数は爆発的に増加し、無数のサイトがソーシャル機能を追加したり、統合したりしている。FacebookとTwitterが引き続き最も人気のあるソーシャルネットワークのひとつである一方、Pinterestは2012年のソーシャルメディアにおけるブレイクアウトスターのひとつに浮上し、PC、モバイルウェブ、アプリを問わず、ソーシャルネットワークの中でユニークオーディエンス数、滞在時間ともに前年比最大の伸びを誇っている。

消費者のクロスプラットフォーム・ソーシャルメディア利用および活動に関するその他の洞察については、『State of the Media:The Social Media Report 2012をご覧ください。

類似の洞察を閲覧し続ける

私たちの製品は、あなたとあなたのビジネスをサポートします。

  • 消費者とメディアの視点

    ブランド、広告、マーケティングを成功に導くためのシンジケート調査やカスタム消費者調査にアクセスできます。

  • NCSolutions

    CPG広告の効果をデータで最大化し、より良いセグメント化、最適化、販売ベースの成果を可能にします。