02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

クロスプラットフォーム・レポート - 2011年第4四半期

2分で読む|2012年5月

平均的なアメリカ人は毎日5時間近くビデオを見ており、その98%は従来のテレビで見ている。この比率はほんの数年前より減っており、現在も変化し続けているが、アメリカ人の視聴離れが進んでいないのは事実である。彼らは、いつでも、どこでも、最も便利なときに、好きなコンテンツを簡単に見ることができる新しいテクノロジーやデバイスにシフトしているのである。そのため、従来のテレビ家庭の定義は進化し続けるだろう。

この1年で、ハイビジョンテレビを持つ家庭の数は800万軒以上増加した。このことは、コンテンツを画面に配信する手段が変化しているにもかかわらず、テレビ画面がコンテンツを消費するための支配的なプラットフォームであり続けていることを示唆している。2010年第4四半期と比較すると、視聴時間は1/2に減少したにもかかわらず、従来のライブ視聴とタイムシフト視聴が依然としてテレビでの活動の大半を占めており、週に33時間以上を占めている。しかし、消費者はテレビの新しい使い方を見つけつつある。

新しく公開された映画や古いテレビ番組、そしてその間にあるあらゆるものに関して、消費者は大画面でストリーミング・コンテンツを視聴できる機器をますます利用するようになっている。家庭用ゲーム機の3分の2がインターネットに接続され、コンテンツ配信の新たな導線となっている。実際、Netflixユーザーの半数以上が、ゲーム機やオーバー・ザ・トップ・ストリーミング機器を経由してテレビで視聴している。

コンソールは、TVコンテンツへの第二のゲートウェイとして戦略的に位置づけられるようになり、現在ではTV家庭の45%に設置されており、昨年より3%増加している。Netflixやその他のストリーミング・アプリ、ブルーレイ・プレーヤー、ソーシャル・ゲーム、ポイント・オブ・パーチェスがゲーム機にシームレスに統合されているため、消費者がゲーム機に二重(あるいは三重)の責務を託しているのは当然のことである。こうした活動が積み重なり、ゲーム機によるコンテンツ消費のパイが拡大している。

最近、テレビが複数のボックスや機器に接続されるようになったとはいえ、米国人がテレビ・コンテンツを受信する主な方法は、ケーブルテレビ、電話会社、衛星放送の契約であることに変わりはない。この3つの間でシフトはしているものの、サブスクリプション・モデルにすぐに影響を与えるには、業界の大きな変化や消費者の行動の変化が必要だろう。とはいえ、ゲーム機は、有料・無料を問わず、コンテンツへのアクセスがますます増えており、テレビ家庭内での普及率もDVRを上回っている。

アメリカ人はビデオ視聴に関して習慣の生き物である。2011年は、消費者がテレビのある良い気候を楽しむために外に出たため、第2四半期と第3四半期に従来のテレビ視聴とパソコンでの動画視聴が減少した。過去2年間、これらのプラットフォームは前四半期比でも前年同期比でも一貫した成長を遂げている。

類似の洞察を閲覧し続ける

私たちの製品は、あなたとあなたのビジネスをサポートします。

  • 消費者とメディアの視点

    ブランド、広告、マーケティングを成功に導くためのシンジケート調査やカスタム消費者調査にアクセスできます。

  • NCSolutions

    CPG広告の効果をデータで最大化し、より良いセグメント化、最適化、販売ベースの成果を可能にします。