Skip to content
Insights > Digital

ニールセン、米国の新車購入者の行動を分析した「自動車マーケティングレポート 2018」を発表

1 minute read | December 2018
{“order”:3,”name”:”subheader”,”attributes”:{“backgroundcolor”:”000000″,”imageAligment”:”left”,”linkTarget”:”_self”,”title”:”Insights”,”titleColor”:”FFFFFF”,”titlecolor”:”A8AABA”,”sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/subpageheader”},”children”:null}
{“order”:6,”name”:”pubdate”,”attributes”:{“sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/publishdate”},”children”:null}

様々なブランドであふれる今日の自動車市場において、自動車メーカーの広告主は、消費者と接触し、新規の販売を促進するため、そしてそれを減少する予算の中で実施するために四苦八苦しています。人々がどのように車を買い、自動車の広告からどのような影響を受けるのかを完全に理解する以外に、この難問に対処する術はありません。「ニールセン 自動車マーケティングレポート 2018」は、自動車購入に至る経路に新たな手掛かりを与えるとともに、購入検討率の向上、そして究極的には新車販売台数の増加をもたらすマーケティング戦略を策定するための有益な情報を提供します。自動車ブランドの構築に関しては、明らかに量よりも質の方が重要です。ブランドマーケターは、意識のための認知というだけでなく、消費者とのより深いつながりを築くことが必要です。

すべてのブランド認知が等しく形成されるとは限りません