ニュースセンター>イベント

ニールセン、2015年カンヌライオンズ・フェスティバルでその足跡を残す

1 分で読めます |2015年7月号

今年のカンヌライオンズ・フェスティバル(6月21日~27日)において、世界屈指のクリエーター、マーケッター、テクノロジスト、メディア・スペシャリストがひしめく中、私たちは今年のテーマである「Campaigners of Creativity(クリエイティビティのキャンペーン担当者)」としての足跡を残しました。私たちは、メディアとテクノロジー業界に変革をもたらすための洞察と革新的なソートリーダーシップを共有しました。また、今年初めて公式スポンサーとなり、この世界的な舞台でさらに大きな反響を呼びました。

ニールセン・エンタテインメントのジュラン・シファー氏が、"Unlocking the Power of Music in Advertising"(広告における音楽の力を解き放つ)というテーマで講演した。150人を超える参加者を前に、彼女のプレゼンテーションは、ブランドの成長を促進するための音楽の影響力を理解することに重点を置いたものだった。彼女は、消費者に効果的にリーチする方法や、音楽を通じてブランド価値を創造する方法についての洞察や事例を紹介した。一流の広告代理店やマーケッターから主要な業界団体まで、さまざまな出席者がこれらのエンターテインメントに関する洞察に目を輝かせ、関心を寄せていた。

ニールセンのリーダーであるユージン・ベッカー、テリー・ブレナン、アラン・クートレンク、トム・イートン、アンドリュー・ファイゲンソン、マーサ・ヴェランドは、フレンチ・リビエラのビーチサイドのカバナで、世界有数のエージェンシー、広告主、アドテク企業のCレベルのエグゼクティブと、クライアントとの集中的なミーティングを行うチャンスをつかんだ。

この1週間のイベントの締めくくりとして、ニールセン・ヨーロッパのヨハン・シェストランドが、データ、テクノロジー、クリエイティビティが交差する場所に焦点を当てたライオンズ・イノベーションのメイン・ステージに登壇し、"Designing Innovation Success around the World"(世界中でイノベーションを成功させるためのデザイン)について議論した。30分間のセッションで彼は、主要な広告主や開発者がイノベーションを成功させるために、データや洞察をクリエイティビティ、デザイン、アナリティクスにどのように応用できるかについて、洞察に満ちた議論を展開した。