ニュースセンター>コーポレート

大局観:家庭外視聴の活用

1分で読む|2017年5月
 

さまざまなプラットフォームやデバイスを通じて動画コンテンツを視聴する人が増えるにつれ、消費者が視聴する場所も変化しています。このような視聴行動の変化により、マーケティング担当者、広告主、メディアバイヤーは、この貴重な視聴者を捕捉する信頼できる包括的なデータを持つことが重要です。そのため、当社は 先月、ポータブル・ピープル・メーター(PPM)技術を活用して家庭外テレビの視聴を測定し、クライアントに視聴者のより完全なビューを提供することを 発表しました。44の地方テレビ市場のPPMフットプリントとニールセンの全国代表パネルを融合させるフュージョン手法を使うことで、米国のテレビ世帯人口の65%をカバーし、人々が自宅外で何を視聴しているかを予測することができます。

これは大きなニュースであり、最近、クライアント・ソリューション&オーディエンス・インサイト担当上級副社長のサラ・エリクソン氏(ニールセンについて )にこの新機能の意義を尋ねた。