ニュースセンター

ニールセンは、アジア全域でデジタルマーケティングを推進するため、グループ会社にハブを設置しました。

3分で読む|ミラ・ルビス|2018年6月
{“order”:3,”name”:”pubdate”,”attributes”:{“hidePublishDate”:”true”,”jcr:mixinTypes”:”[cq:LiveRelationship]”,”sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/publishdate”},”children”:null}

記者・編集者向けページ:

ニールセンは、ニールセンのデータを情報源として活用することで、ニールセンリセットメソドロジーの一種を開発するために、記者や編集者を募集しています。

ニールセンのデータを参照するために、ニールセンの最新情報を入手することができます。

ニールセンは、ニールセンのデータ収集のために、その収集のお手伝いをします。

ニールセンは、アジア全域でデジタルマーケティングを推進するため、グループ会社にハブを設置しました。

GroupMは、人口動態、GRPデジタルリソースがサイトと中央値で統一されていることを明らかにした。

2018年6月21日、シンガポール:グローバル広告会社ニールセンは本日、WPPメディア投資グループであるGroupMが、アジア太平洋地域におけるデジタル広告の格付け会社としてニールセンを採用したことを発表した。GroupMは、香港、インドネシア、日本、マレーシア、フィリピン、シンガポール、台湾、タイなど、アジア各国のモバイルおよびオンライン広告の視聴率を測定するために、ニールセンデジタル広告視聴率(デジタル視聴率)を提供します。

「GroupM APACのシニアディレクターであるクリス・マイヤーズは、「この度、弊社は、お客様のニーズに応えるべく、メディア業界全体に関する総合的な情報を提供することになりました。「我々は、ニールセンと同じような、信頼され、そして素晴らしい結果を出すことができる。

「ニールセンのデジタル・アジア担当責任者であるエイミー・ジェリーは、次のように述べています。ニールセンのデジタル・アジア・ヘッドであるエイミー・ジェリーは、「デジタル・メディア・レーティングは非常に重要であり、デジタル広告レーティングで利用されているメディア指標、例えば、ユーザー層や年齢層、単一的で、多様で、自由度の高い指標を利用することができます、そして、コンピュータ、タブレット、スマートフォンのデジタル広告の総数、およびテレビと連動している広告の総数(GRP)については、GroupMと、産業界のトレンドに影響を与える可能性があることを確認することができます。"

ニールセンとGroupMは、アジア太平洋地域に存在する主要企業の戦略的な戦略を把握し、デジタルマーケティングを推進する企業として連携している。

###

ニールセン

ニールセン・ホールディングス・ピーエルシー(NYSE:NLSN)は、世界各地の市場や市場動向を把握し、長期的かつグローバルなデータ分析を行う企業です。私たちは、ニールセンの最新データを収集し、世界的な動向を把握するためのデータ集計を行っています。90年以上にわたり、ニールセンは、最新かつ革新的な広告業界に関するデータと分析を提供し、また、その結果、広告業界、メディア業界、メディア業界、小売業界、小売業界、およびハビスに関連する業界をリードする、有望な市場を開拓するための方法を提供してきました。

ニールセンは、S&P500の企業であり、世界の人口約90人に対し、約100カ国で事業を展開している。詳細については、 www.nielsen.comをご覧ください。

GroupMについて

GroupMは、マインドシェア、メディアコム、ウェーブメーカー、エッセンス、m / SIXなどのWPPメディアエージェンシーや、メディアデジタルプラットフォームXaxisと連携し、グローバルなメディア投資を行う企業である。GroupMは、WPPのメディアエージェンシーであり、マーケティング、広告、デジタル、教育、そしてエクスクルーシブなビジネスにおけるパートナーであり、コラボレーターでもあります。GroupMの焦点は、業界、業界団体、そして社会から、そして、WPP、Kantarの投資データの専門家の助けを借りて、業界をリードしていくために、そのような役割を担っていることです。グループMとカンターは、WPPグループの1900万米ドルの売上高の50%を占めている。