ニュースセンター

ニールセン・シンガポールがマーケット・リサーチ・エージェンシー・オブ・ザ・イヤーを受賞

2分で読む|2018年5月

ニールセン・シンガポールがマーケティング誌のエージェンシー・オブ・ザ・イヤー・アワード2018で7年連続金賞を受賞

2018年5月24日、シンガポール:世界中の消費者と市場について最も完全で信頼できる見解を提供する世界有数の測定・データ分析企業であるニールセンは、2018年5月23日にシンガポールのシャングリラ・ホテルで開催された最近のエージェンシー・オブ・ザ・イヤー・アワード2018において、マーケット・リサーチ・エージェンシー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた。

「ニールセン・シンガポールのマネージング・ディレクターであるヨハン・ヴランケンは、次のように述べています。「クライアントからの継続的な信頼とパートナーシップは、私たちの成功の基盤でした。この栄誉は、ニールセン・シンガポールの全従業員が日々取り組んでいる質の高い仕事を、クライアントと業界が大々的に支持したものです。彼らの卓越性へのコミットメントと絶え間ない努力のおかげで、私たちはここ数年ずっとランキングのトップに君臨しています。"

エージェンシー・オブ・ザ・イヤー・アワードは、シンガポールのエージェンシーにとって、重要な人々であるシニア・クライアント・マーケターに評価してもらうことで、評価された期間のパフォーマンスを評価する機会である。エージェンシー・オブ・ザ・イヤー・アワードの受賞者は、常にクライアント・マーケターによるエージェンシーの嗜好という一定の基準に基づいて際立っており、それ自体がエージェンシーにとって、市場全体においてどの程度の成果を上げたかを測る良い指標となっている。それ自体が、代理店にとって、市場全体においてどの程度の実績を上げたかを測る良い指標となる。このことは、代理店がその実績を上回ることを奨励し、最終的には業界の水準を引き上げることになる。 

P&G、エクスペディア、ラザダ、シェル、ウォルト・ディズニー・カンパニー、シンガポール政府観光局、グラブなど、さまざまな企業から集まった20名以上のシニア・マーケターで構成される審査委員会は、最終選考に残った企業について、卓越した経営、人材育成、卓越したビジネス・パフォーマンス、業界や地域社会に対するエージェンシーの責務の度合いといった主要な基準に照らして評価を行った。

ニールセンについて

ニールセン・ホールディングス・ピーエルシー(Nielsen Holdings plc、NYSE: NLSN)は、世界中の消費者と市場について、最も完全で信頼できる見解を提供するグローバルな測定・データ分析企業です。ニールセン独自のデータを他のデータソースと組み合わせることで、世界中のクライアントが、今何が起きているのか、次に何が起きるのか、そしてその知識に基づいてどのように行動するのがベストなのかを理解できるよう支援しています。ニールセンは90年以上にわたり、科学的厳密性と革新性に基づいたデータとアナリティクスを提供し、メディア、広告、小売、消費財業界が直面する最も重要な問題に答える新しい方法を開発し続けています。S&P500の一社であるニールセンは、100カ国以上で事業を展開し、世界人口の90%以上をカバーしています。詳細はwww.nielsen.com

お問い合わせ

スウェタ・パトラ(Sweta.Patra@nielsen.com)/ギデオン・チュー(Gideon.Choo@nielsen.com)