ニュースセンター>責任と持続可能性

ニールセン社員が第2回世界清掃デーで世界の廃棄物問題に取り組む

3分で読める|2019年10月

ニールセンの社員は先日 、第2回世界清掃デー(WCD)を記念して、28カ国、59のイベントで約2,000時間のボランティア活動に 参加しましたWCD は、地域社会で増え続ける廃棄物の足跡に取り組む世界的な運動の一環です。

廃棄物の責任ある管理は、ニールセンの環境重点分野のひとつです。 ニールセンの環境重点分野2020年までに電子機器廃棄物の埋め立てをゼロにするという目標を掲げています。WCDのような草の根イベントは、この約束の延長線上にあり、廃棄物のフットプリントに対するトップダウンのアプローチを確実なものにしています。

私たちの 最初のWCD2018年の第1回WCDは、私たちがその上に築き続ける土台を築き、私たちを認知の促進から行動へと向かわせた。 を行動へと移し、2019年にはより大きなインパクトを与えることになる。今年は、廃棄物の削減に加え、廃棄物の回避にも活動の範囲を広げた。廃棄物の発生を完全に回避することを支援することで、私たちは介入を超え、予防の領域に該当する幅広い機会へと移行することができる。

「ニールセンのグローバル・レスポンシビリティ&サステナビリティ担当ディレクターのヤミニ・ディクシットは、次のように述べています。「ニールセンは、責任ある資源管理の必要性など、持続可能性の必要性に着目した新たな成長とイノベーションの機会を表面化するために、そのデータを有益に活用することを約束します。

世界各地のニールセンオフィスから集まった情熱的な地域や地元のリーダーたちが、ビーチや道路、地元の小川、オフィス、樹木園の清掃を含む2019年のWCDイベントを計画した。あるチームは地元の森林組織と協力し、トウヒの木を破壊するダークビートルがはびこる枝を掃除し、別のチームはプラスチックごみを減らすためのエコレンガ・プロジェクトに参加し、さらに別のチームは大雨にもかかわらず街中のごみを拾いました。ニールセンの従業員は、8,000ポンド以上のゴミを集め、地元の専門家や非営利団体と協力した。 ニールセンの従業員は8,000ポンド以上のゴミを回収し、地元の専門家や非営利団体と連携して、ゴミの防止、削減、適切な廃棄に関する啓発活動を実施した。

新たな廃棄物解決策を見出す取り組みは、ニールセンの継続的なサステナビリティへのコミットメントと戦略の一環です。 ニールセンは、環境問題が膨大かつ緊急の課題であることを理解しています。 草の根レベルで社員を巻き込み、地域社会全体で協力することで、環境、社会、ガバナンス(ESG)アプローチを含め、ニールセンの責任ある持続可能な取り組みを事業のあらゆる側面で推進し、ニールセンの洞察力が私たちがサービスを提供する市場に与える幅広い影響を追跡していきます。ニールセンは善の力となることができ、市民活動への関与を怠らないことで、将来に向けてより大きな行動を喚起していきたいと考えています。