ニュースセンター>受賞歴

ブロードキャスティング+ケーブルがスコット・N・ブラウンを2020年ウォッチリストに選出

2分で読む|2020年12月

ニールセンの視聴者測定担当GMであるスコット・N・ブラウンが、Broadcasting+Cable誌の「2020年ウォッチ・リスト」において、テレビの将来を担うメディア幹部トップ25の一人として評価された。スコットは、メディア業界の著名企業のCEOやC-suiteレベルのエグゼクティブとともに、今年のリストで12位にランクインした。

Broadcasting+Cableの"2020 Watch List"は、未来に向けてテレビを再定義する先頭に立つテレビ業界の先駆者を表彰するものである。

"2020年は誰にとっても困難な年でしたが、それにもかかわらず、私たちは業界として、より良い未来のために視聴者測定を再定義するのに役立つ素晴らしいことを成し遂げることができました。コンテンツと広告をよりCOMPELLINGなものにするために日々尽力している、この業界で最も輝かしい人たちの中で、このリストに名を連ねることができ、身の引き締まる思いです。"  

スコット・N・ブラウン、視聴者測定GM

2020年8月にニールセンの視聴者測定部門のジェネラル・マネージャーに就任して以来、スコットはニールセンの視聴者測定へのアプローチを変革する指揮を執ってきた。ニールセンのデジタルトランスフォーメーション・ビジョン、全国TV通貨へのアドレサブル 測定の取り込み、さらにスマートTVメーカーや デジタルファーストプラットフォームのCTVカバレッジの拡大を指揮した。これらの戦略的変化は、ニールセンの測定システムの全面的な見直しと、クロスメディア測定のビジョンであるNielsen ONEの導入の機運を高めるのに貢献した。 

「今日、広告主やパブリッシャーは、プラットフォームを横断して、より比較可能で包括的な指標を提供する測定を、これまで以上に必要としています。ニールセンONEによって、業界全体が受け入れ、取引できるクロスメディア・ソリューションを提供するための努力を倍増させます。業界と協力してこれを実現することに興奮しています」とスコットは語った。

ニールセンの主力製品である視聴者測定のジェネラル・マネージャーに就任する前は、ニールセン・グローバル・メディアの測定担当最高技術責任者(CTO)を務めた。CTOとして、テレビ視聴率システムをクラウドに移行することで、インフラを変革し、テレビの視聴者測定を近代化した。