ニュースセンター

ニールセンとデンマークの大手放送局、新たな視聴者調査の準備完了

2分で読む|2022年1月

TV 2、DR、Nordic Entertainment Group、Discovery Networks、ニールセン・デンマークは、2022年1月1日以降のテレビとストリーミングの新しい視聴率測定について合意した。

1年以上にわたる徹底的な準備の末、デンマークは2022年1月1日、新しい視聴者調査を実施する。2022年1月1日、国際的な分析会社ニールセンが担当する新しい視聴者調査が実施される。2026年まで適用されるニールセンとの契約は、TV 2、DR、ノルディック・エンターテインメント・グループ(NENT)、ディスカバリー・ネットワークスと結ばれており、当時からディズニーもこの調査に参加することを希望していた。デンマークの視聴者調査に新しいサプライヤーが加わるのは30年ぶりのことである。

これは、デンマーク人の視聴習慣とメディア利用がますますデジタル化している新時代のための新しい測定である。そのため、新しい視聴者調査は、デンマーク人の「メディア習慣の変化、スクリーンの増加、コンテンツの種類の増加、ストリーミング視聴、新しい出演者」に焦点を当てたものとなっている、とテレビ局の視聴者調査共同運営グループの議長であり、TV 2のマーケット&パフォーマンス測定チーム・マネージャーのフレデリック・バーンホルトは言う。

デンマークの家庭における視聴行動は急速に変化している。たとえば、デンマークのほぼ4分の1の世帯が従来のテレビ・パッケージを持たなくなり、複雑な行動パターンによって、消費の正確な測定がいっそう求められている。

フレデリック・バーンホルトは、ニールセンはデンマークの家庭における伝統的なテレビの確実な測定を提供し続けなければならないと述べている。この測定は1月1日以降、DRTVやTV 2 PLAYなどのデンマークのストリーミングサービスと、海外のストリーミングサービス、ソーシャルメディアのビデオコンテンツでの消費を新たに報告することで補足される。

視聴者調査史上最多となる1,750世帯の本格的なテレビ・ストリーミングパネルを使った世論調査の準備が整った。さらに、ニールセンは新しいストリーミング・メーターを使用しており、家庭内のルーターを経由して、家庭内のスマートフォン、タブレット、パソコン、クロームキャスト、その他すべてのデバイスの映像伝送を測定する。フレデリク・バーンホルトは、「私たちは、この数字に潜り込み、測定を継続的に改善、改良していくことを楽しみにしています」と語っている。

TV2のプレスリリースへのリンク。