本コンテンツへスキップ
ニュースセンター>製品

ザ・ゲージ™:ポーランド|10月

2分で読む|2023年11月

秋の気配が漂い、日が短くなる10月は、テレビ画面で映像コンテンツを視聴する習慣にも変化をもたらす。前月と比べ、視聴者がテレビ画面の前で過ごす時間は1日平均22分長くなった。

ポーランドの視聴者は10月、テレビでビデオコンテンツを視聴する時間が増えた。2023年9月と比べ、従来のテレビ視聴は10%増加し、ストリーミングは14%増加した。

従来のテレビ番組では、選挙キャンペーンとその集大成として10月15日に実施されたポーランド議会選挙に関連した情報コンテンツが視聴者の関心を集めた。ニュース・チャンネルの視聴者数は9月に比べ34%増加した。

 ストリーミングでは、テレビ画面で視聴される主なオンライン・プラットフォームであるNetflixとYouTubeの視聴者数が9月よりそれぞれ17%、12%増加した。Canal+Online、Disney+、Playerのようなプラットフォームの視聴者数が増えたことに伴い、ストリーミングのシェアは0.2%増加し、10月のTVの6.8%を占めた。

ニールセンについて ゲージ™は

The Gauge™は、主要なテレビ配信プラットフォームにおけるテレビ利用状況を毎月分析し、メディア業界に提供することを目的に作成されました。ニールセンは、2021年5月に米国でThe Gauge™の初版を発行しました。

ニールセンについて The Gauge™ メソドロジ

このデータは、3,500世帯と約9,700人のパネラーからなるニールセンのシングルソース・パネルから得られたものです。The Gauge™:ポーランドは、月次のAMR(Average Minute Rating)視聴者シェアデータに基づいています。データは4歳以上を対象に、ケーブルテレビ、衛星放送、地上波テレビ(リニアと7日以内のタイムシフトの両方)、ストリーミングによる視聴(OTTプラットフォームにおけるテレビ局のライブストリーミング視聴はストリーミング視聴に分類)に分けて提示されています。その他」には、認知されていないコンテンツの視聴が含まれます。

ニールセンポーランドは、米国版と同様の手法でこのThe Gauge™を作成しました。比較する際には、方法論の違いを考慮する必要があります。