本コンテンツへスキップ
ニュースセンター>製品

ザ・ゲージ™:ポーランド|2024年1月

2分で読む|2024年2月

2024年初頭、ポーランドではテレビ画面の使われ方が変わった。 

ポーランドの視聴者は1月、1日平均4時間19分を家庭用スクリーンの前で過ごした。 

従来型テレビの視聴時間は2023年12月と変わらなかったが、ストリーミング・コンテンツの視聴時間は8%増加した。 

テレビ番組では、ポーランドのシリーズ番組、ニュース番組、スキージャンプのワールドカップ放送が1月最大の視聴者数を記録した。ストリーミング・コンテンツでは、CDA.pl、HBO Max、Canal+Online、Netflixがいずれも増加した。

これらのソース全体で記録された増加は、テレビ画面での動画視聴におけるストリーミングの総シェアの増加に寄与し、1月には過去最高の7.6%に達した(ポーランドでGaugeレポートが開始されて以来の高水準)。Netflixは最も視聴されたストリーミングサービスの地位をさらに強化し、テレビ画面におけるシェアは2.1%に増加した(12月の1.9%)。

ニールセンについて ゲージ™は

The Gauge™は、主要なテレビ配信プラットフォームにおけるテレビ利用状況を毎月分析し、メディア業界に提供することを目的に作成されました。ニールセンは、2021年5月に米国でThe Gauge™の初版を発行しました。

ニールセンについて The Gauge™ メソドロジ

このデータは、3,500世帯と約9,700人のパネラーからなるニールセンのシングルソース・パネルから得られたものです。The Gauge™:ポーランドは、月次のAMR(Average Minute Rating)視聴者シェアデータに基づいています。データは4歳以上を対象に、ケーブルテレビ、衛星放送、地上波テレビ(リニアと7日以内のタイムシフトの両方)、ストリーミングによる視聴(OTTプラットフォームにおけるテレビ局のライブストリーミング視聴はストリーミング視聴に分類)に分けて提示されています。その他」には、認知されていないコンテンツの視聴が含まれます。

ニールセン・ポーランドは、このThe Gauge™の反復版を、方法論の比較を用いて作成した。