プレスリリース

ニールセン、オンラインショッパーのサイト視聴動向を可視化する 「EC スコア」の提供を開始  「ニュースと情報」サイトは高リーチ&高ECスコア

{“order”:0,”name”:”subheader”,”attributes”:{“backgroundcolor”:”000000″,”imageAligment”:”left”,”linkTarget”:”_self”,”pagePath”:”/content/dotcom/jp/ja/press-room”,”title”:”u30d7u30ecu30b9u30eau30eau30fcu30b9″,”titlecolor”:”A8AABA”,”jcr:mixinTypes”:”[cq:LiveSyncCancelled]”,”cq:isCancelledForChildren”:”{Boolean}true”,”sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/subpageheader”},”children”:null}

図表の入ったリリースはこちら

● 「ニュースと情報」サイトは高リーチ&高ECスコア
● 40代女性、主婦がPCでの購買を牽引

メディア視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:武智 清訓)は、インターネット視聴率データを用いて、オンラインショッパーのサイト視聴動向を計測する分析指標「ECスコア」の提供を開始いたしました。

「ECスコア」は、インターネット視聴率パネルの中からECサイト(電子商取引サイト)での購入者を抽出し、オンラインショッパーのサイト視聴動向を可視化した分析指標です。オンラインでの購買行動に積極的なユーザーの含有率を指標化することで、ECサイト以外のウェブサイトを評価しています。調査対象者の記憶に依存するアンケート調査ではなく、実際のサイト行動ログ情報をもとにしているため、オンラインショッパーの行動を把握する上で、信頼性の高い結果を導くことが可能です。

主要ECサイト*から月に1回以上商品を購入しているオンラインショッパーは、2013年6月単月で727万人となっていました。これらのデータをもとに、サイトカテゴリごとの「ECスコア」を比較したものが図表1になります。訪問者数が平均で500万人を超える3カテゴリの「ECスコア」は、「サーチ、ポータルとコミュニティ」や動画などを含む「エンターテイメント」よりも、「ニュースと情報」のほうが高くなっていました。また、上述の3カテゴリの主要なサブカテゴリのポジショニングを比較したものが図表2になります。「サーチ、ポータルとコミュニティ」の中では「SNS/ブログ」が、「エンターテイメント」の中では「スポーツ」が、「ニュースと情報」の中では「タウン情報」に関するサイトのECスコアが高くなっていました。

(*)主要ECサイト:楽天市場、アマゾン、Yahoo! ショッピング の3サイトを指します。主要ECサイトは、Eコマース – カテゴリの訪問者数上位3サイトで、この3サイトの訪問者数(重複を除く)はカテゴリ全体の訪問者数の81%を占めています。(Nielsen NetView 2013年6月、家庭のPCからのアクセス)

弊社アナリストの高木史朗は、「ECスコアはオンラインショッパーの行動特性を把握する上で貴重な指標となりますが、それだけでなく、オンライン広告配信効率を向上させるうえでも、非常に重要なデータとなると考えています。現在、オンライン広告配信は、ユーザーの興味・関心・属性をもとにオーディエンスターゲティングすることで、効率的に広告配信を行う手法が主流となっています。例えば、オンライン上での購入や問い合わせを目的としたダイレクトレスポンス広告を配信する場合、既存のターゲティング条件に加えてECスコアの高いサイトに優先的に広告掲載することで、より適したオーディエンスへリーチすることが可能になるでしょう。認知率向上や態度変容を目的とした広告でも、ECスコアの高いサイトでブランドリフトを図った後に、Cookie情報をもとにターゲティングしていくことで、より効果的な顧客獲得が可能になると考えています。

また、PCでは40代女性や主婦のオンラインショッパーが多いという結果は、先月発表した「20代女性がスマートフォンでの購買を牽引している」という調査結果と合わせて考えると、年代ごとのデバイスの利用状況を大きく反映した結果と言えます。今後もスマートフォン利用者数は増加すると予想されるため、PCオンラインショッパーへの影響も注視していく必要があるでしょう。」と述べています。

今回はPCからの購入者の視聴動向を指標化しましたが、スマートフォンからの購入者は無視できない規模になっています。現在ご提供しているMobile NetViewでも、今後モバイルショッピング版のECスコアの提供を検討しています。

ECスコアとは
ECスコアはオンラインショッパーの買い物履歴に基づき、オンラインショッパーのECサイト以外の各サイトの利用状況をスコア化したものです。ECスコアの高いサイトはオンラインでの購入に積極的な消費者が多く集まるサイトとみなすことができ、この指標は広告出稿プラン策定やアフィリエイト、パートナー戦略策定に役立ちます。ECスコアは各サイト(Brand、Channel 毎)のスコアをエクセルファイル等のカスタムレポート形式でご提供いたします。

※ECスコアはNetViewご契約者様にオプションとしてご提供いたします。

ECスコアの調査仕様に関して
お客様の課題にあわせて以下の項目についてお打ち合わせのうえ、仕様を決定させていただきます。

調査期間  :月間単位
分析指標  :ECスコア、EC購入者数、EC購入者含有率(%)など
納品形態  :スコアカード形式によるエクセルファイル、または、Custom Data Feed形式によるテキストファイル

詳細は下記でもご覧になれます。 
http://www.netratings.co.jp/solution/ecscore.html

サービスのご利用に関するお問い合わせは下記にて承ります。

二―ルセン株式会社 セールス&アナリティクス
電話 03-4363-4201 
e-mail: [email protected]  

###

ニールセン株式会社 会社概要
会社名: ニールセン株式会社  英文社名: Nielsen Co., Ltd.
本社所在地: 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-25-18 渋谷ガーデンフロント
資本金: 1億円
設立:  1999年5月
代表者: 代表取締役会長兼CEO 福徳 俊弘
      代表取締役社長兼COO 武智 清訓
主要株主 :ニールセン、 トランスコスモス株式会社 など

ニールセン株式会社はニールセン、トランスコスモス株式会社などの出資による合弁会社です。ニールセンの消費者視聴行動分析部門の日本法人として、視聴者分析と広告分析のソリューションを通じて、お客様のビジネスにおける重要な意思決定を支援するデータ、分析、インサイトを提供しています。製品やサービス、及び分析結果のインサイトについては、広告主企業、メディア運営企業、Eコマース企業、広告会社より高い評価をいただいております。ニールセン株式会社のサービス概要、及び会社概要は、http://www.netratings.co.jp/ でご覧いただけます。

ニールセンの消費者購買行動分析部門は、ニールセン・カンパニー合同会社です。

消費者調査、ショッパー調査、メディカルリサーチ、販売予測、マーケティングROI分析、コンシューマーニューロサイエンス分析、海外市場情報提供などを行っています。ニールセン・カンパニー合同会社のサービス概要、及び会社概要は、http://jp.nielsen.com/site/index.shtml  でご覧いただけます。

ニールセンについて
ニールセン・ホールディングスN.V.(NYSE:NLSN)は世界的な情報・調査会社で、マーケティング及び消費者情報、テレビ等のメディア情報、オンライン情報、モバイル情報、トレードショーやそれに関連した分野でリーダー的地位を確立しています。アメリカ・ニューヨークとオランダ・ディーメンに本社を持ち、世界100カ国以上でビジネスを展開しています。詳細は、ホームページ(www.nielsen.com)をご覧ください。

ニールセン株式会社が提供しているソリューションと主な製品サービス
視聴者分析ソリューション
インターネット視聴率データ NetView
スマートフォン視聴率データ Mobile NetView
スマートフォン・メディア利用実態調査レポート
検索サービス利用データ MegaView Search など

広告分析ソリューション
広告効果分析サービス Nielsen Online Brand Effect
オンライン広告リーチ測定 リーチ&フリケンシー など

###

本件に関するお問い合わせ先:
ニールセン株式会社 広報担当 西村総一郎
電話:(03)4363-4200 
e-mail: [email protected]