Skip to content
Insights > Digital

グローバル デジタル・ランドスケープ レポート – SCREEN WARS – 【日本語版】

0 minute read | May 2015
{“order”:3,”name”:”subheader”,”attributes”:{“backgroundcolor”:”000000″,”imageAligment”:”left”,”linkTarget”:”_self”,”title”:”Insights”,”titleColor”:”FFFFFF”,”titlecolor”:”A8AABA”,”sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/subpageheader”},”children”:null}
{“order”:7,”name”:”pubdate”,”attributes”:{“sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/publishdate”},”children”:null}

関連資料: レポート 「Global Digital Landscape Report – SCREEN WARS – 【英語版】」はこちら

私たちの世界は常にインターネットにつながっています。誰もが思うままにコンテンツへアクセスでき、その環境を歓迎しています。ニールセンがこのたび実施したデジタルに関する考え方や行動についての調査では、全世界の回答者の4人に3人以上(76%)が「いつでもどこでも接続できる自由を満喫している」と答えています。そうした柔軟性は視聴者に大きな恩恵を与えますが、視聴者の注意を引きつけようとするブランドやコンテンツ提供者にとっては難しい状況を作り出しています。

メディアの細分化はあらゆる媒体で発生していますが、今回はテレビ、パソコン、スマートフォン・携帯電話、タブレット、電子書籍リーダー上で視聴可能な、テレビ放送、ケーブルテレビ番組、プロフェッショナル動画、ユーザー作成動画などの番組に注目しました。『Nielsen Global Digital Landscape Survey』では60の国と地域で3万人を対象にオンラインアンケートを実施し、デジタル環境の変化がコンテンツ視聴の手段、場所、目的に及ぼす影響を調査しています。さらには、自宅と外出先で最もよく視聴する番組ジャンルと利用デバイスをそれぞれ聴取するなど、番組視聴の実態についても考察しています。

視聴者はいつ、どこで、どのように視聴するかを自由に決められる

デバイスやプラットフォームの増加によりコンテンツやブランドへのアクセス手段は大幅に拡大しましたが、番組視聴は今なお人々の生活に大きな影響を与えています。全対象者の過半数(55%)が、「番組視聴は生活の重要な部分を占める」と回答しています。しかしながら、視聴の手段は変わり始めています。