本コンテンツへスキップ
インサイト>マーケット&ファイナンス

2008年、インドの広告費は25%増加

1分で読めるシリーズ|2009年5月

世界的な景気後退は、インドを軽くかすめただけだったようです。 第4四半期に多少の落ち込みはあったものの(成長率はわずか14.7%に鈍化)、2008年の広告費全体は25%増加しました。 2009年にインドと世界の他の地域がどのように推移するかはまだわかりませんが、国営テレビネットワークが地域やローカルチャンネルの設立に向けて取り組んでいることから、インドでは広告費の伸びが続くと思われます。

メディア・アウトレット 2008年 (千米ドル) 2007年 (千米ドル) 増減率
テレビ 2,195,065 1,845,807 19%
新聞 3,322,955 2,418,702 37%
雑誌 411,922 324,771 27%
ラジオ 670,285 648,064 3%
シネマ 47,132 42,713 10%
アウトドア 289,165 263,169 10%
その他 89,839 59,338 51%
TOTAL 7,026,363 5,602,564 25%
出典AdEx India - A division of TAM India Research

通年でマイナス成長を示したカテゴリーはありませんでしたが、第4四半期に自動車と通信/インターネットサービスプロバイダーが減少しました(それぞれ-7%、-14%)。 通年の広告費伸び率上位3カテゴリーは、教育(52%)、通信/インターネットサービスプロバイダー(39%)、小売(33%)でした。 通信事業者が広告主を独占し、Airtel Cellular Phone Serviceがトップ、Reliance MobileとTata Skyが上位3位を占めた。