本コンテンツへスキップ
02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>デジタル&テクノロジー

米国のメディア視聴状況をまとめた『ニールセン トータルオーエンスレポート 2019年第1四半期版』について

1分で読めるシリーズ|2019年7月
  • ストリーミングサービスユーザーの66%が視聴時に、いつもあるいはたいていの場合、何を視聴するかを決めている。
  • 2018年第1四半期から、全プラットフォームにおけるメディア利用時間が21分増加した。
  • 過去7日間の映画館に足を運んだ人のうち56%は、18~34歳の成人

視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮本淳)、米国のメディア視聴状況をまとめた『ニールセン トータルオーエンスレポート2019年第1四半期版』を発表しました。

この四半期ごとの『ニールセン トータルオーディエンスレポート』クロスメディアの断片化、従来および新しいテクノロジーへ費やしている時間に、ハイライトを分析を続けます。

本レポートは、この非常に競争の激しい中で消費者が多くのメディアの選択肢を提供する方向性や消費者がどのように選択をしているか、メディアの真実の1つのソースとして皆様や業界に提供しています。

ジャパン・トータル・オーディエンス・レポート

本レポートの日本語翻訳版ニールセンのご契約者様限りご提供いたします。詳しくは弊社営業部までお問い合わせください。jpw_ClientServices@nielsen.com電話 03-6837-6500(代表)

類似のインサイトを閲覧し続ける