ニュースセンター

サイマルメディアとニールセンが戦略的提携を結び、未測定のケーブルネットワークTV視聴者向け測定ソリューションを開発

3分で読む|2014年9月

ニューヨーク - 2014年9月23日 - テレビ広告に視聴者ターゲティングを導入したパイオニアであるサイマルメディアと、消費者が何を視聴し、何を購入するかに関する情報と洞察を提供する世界的な大手プロバイダーであるニールセンは本日、「ロングテール」テレビネットワーク測定の研究開発契約を締結したと発表した。この共同研究は、ニッチなケーブルネットワークで現在測定されていない膨大な視聴者の活動を把握し、これらのネットワークが信頼できる適格な視聴率システムに基づいて広告を販売できるようにすることを目指すものです。

今回の合意は、ニールセンのピープルメーターパネルとサイマルメディアのセットトップボックス視聴データ(5000万人の視聴者)を含む1年以上にわたる共同研究の集大成である。両社は共同で、現在測定されていないケーブルネットワークTV視聴者のための、世界初の測定ソリューションを構築する予定である。

「サイマルメディアのデーブ・モーガンCEOは、「ニールセンと再び協力し、小規模ネットワークが一貫した信頼性の高い視聴者測定ツールを使って広告を販売できるようになることを期待しています。サイマルメディアのCEOであるデイヴ・モーガンは言う。「私たちの仕事では、多くのネットワークTVバイヤーのレーダーの下にあるような番組を視聴している視聴者の貴重なブロックを発見してきました。この調査は、ブランドにとってこれらのネットワークとその視聴者の価値と、魅力的な消費者にリーチしビジネス上の成果を上げるためにネットワークと協力することの費用対効果の両方を明らかにするものです。

両社の提携は今回が2度目。2013年10月、サイマルメディアはニールセンとライセンス契約を締結し、ニールセン・バイヤー・インサイトをサイマルメディア・オーディエンス・インサイト・データベースに統合し、テレビ視聴者の行動インサイトを強化した。ニールセン・バイヤー・インサイトは、実際のテレビ視聴と、主に小売、旅行、デジタル、レストラン、エンターテインメント、金融サービス、通信、ディスカウントストア、ガソリンスタンドのカテゴリーにおける年間売上高2兆ドル、240億件の取引を代表する匿名化されたパネリストの購買行動を組み合わせたものである。

「私たちは、お客様のビジネスに利益をもたらすソリューションを提供することをお約束します。大企業から中小企業まで。グローバルとローカル。ニールセンのグローバル・プロダクト・リーダーシップ担当プレジデントであるスティーブ・ハスカーは、次のように述べています。「今回のサイマルメディア社との提携は、クライアントと業界に有意義なインサイトをもたらすイノベーションを追求するニールセンの重要な動きを意味します。サイマルメディアとの継続的なコラボレーションを楽しみにしています。"

ニールセンについて

ニールセン(www.nielsen.com)(NYSE: NLSN)は、マーケティングおよび消費者情報、テレビなどのメディア測定、オンライン・インテリジェンス、モバイル測定で市場をリードするグローバル情報・測定企業である。ニールセンは約100カ国に拠点を持ち、本社は米国ニューヨークとオランダのディーメンにある。

ニールセンについて サイマルメディア

サイマルメディア社(www.simulmedia.com)は、広告主や広告代理店がターゲットを絞ったテレビ視聴者を見つけるのを支援するリーダー企業である。リニアTV広告にデジタル・アプローチを取り入れることで、全米規模でターゲット視聴者リーチを実現している。サイマルメディア・オーディエンス・ネットワークは、75を超える全米のケーブルネットワークおよびトップクラスの多チャンネル・ビデオ番組配信事業者(MVPD)との提携を通じて、全米1億1000万世帯にリーチしている。サイマルメディアは、5,000万人以上の人々の秒単位の活動を独自に分析し、特定のターゲット視聴者にキャンペーンのリーチを拡大するための最良の選択肢を決定し、それらの異なるテレビネットワークに広告を出稿します。2009年の開始以来、サイマルメディアは70社以上の広告主とその代理店にキャンペーンを提供し、何百ものTVキャンペーンのターゲティング、配信、測定を行ってきました。

連絡先

サイマルメディアGeorge Simpson; 203.521.0352; george@george.simpson.com Nielsen: Ben Billingsley; ben.billingsley@nielsen.com