ニュースセンター

インドネシアでインターネットに接続する方法

5分で読む|ミラ・ルビス|2017年7月
{“order”:3,”name”:”pubdate”,”attributes”:{“hidePublishDate”:”true”,”jcr:mixinTypes”:”[cq:LiveRelationship]”,”sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/publishdate”},”children”:null}

記者・編集者向けページ:

- ニールセンは、ニールセンのデータを情報源として活用することで、ニールセンリセットメソドロジーの一種を開発するために、記者や編集者を募集しています。

- ニールセンのデータを参照するために、ニールセンの最新情報を入手することができます。

- ニールセンは、ニールセンのデータ収集に必要な情報を提供しています。

インドネシアでインターネットに接続する方法

- オンラインビデオコンテンツは、世界中のユーザーに提供されています。

- 21-49歳の30人がオンラインビデオを見て、オンラインで製品を購入することができます。

ジャカルタ、2017年7月26日 - インドネシアの11の地域で実施されたニールセン・コンシューマー・メディア・ビューの調査によると、テレビの普及率は96人に達し、インターネット(44%)、ラジオ(37%)、コーラン(7%)、タブロイド紙と雑誌(3%)に押された。普及率が高いメディアであるインターネットの利用は、インドネシア人がデジタルメディアを通じてさまざまなつながりを持つことを示唆している。

ニールセン・クロスプラットフォーム2017の調査によると、ネットユーザーによるインターネットへの関心は、いくつかのテーマで高まっている。2015年に行われたデジタルメディアクイズで、ネットユーザーがインターネットに興味を持ったのは、「観光地」(53%)、「カフェ・レストラン」(51%)、「消費者団体」(24%)であった。また、インターネットを利用することで、より多くの情報を得ることができる。

「ニールセン・メディアのヘレン・カテリーナ氏は、「インターネットは、多くの人が電話や公共エリアでのWi-Fiを利用しているため、その利用は限られている。

デジタルメディアは、テレビを見たり、インターネットを見たりすることができます(デュアルスクリーンのようなものがあります)。デュアルスクリーンケーブルを使用することができるのは2日以内であり、使用するコンピュータで使用することができます。しかし、50年以上にわたって使用されている企業では、1年以内にデュアルスクリーンを使用する企業は、2015年には7%、2017年には48%に増加している。

本調査では、テレビや映画の視聴を開始したのは最近であることを明らかにした。地上波テレビとケーブルテレビは77人が視聴しているが、デジタルプラットフォームによるビデオ視聴は、Youtube、Vimeo、dsbなどのストリーミングサイト(51%)、オンラインTVポータル(44%)、Netflix、Iflix、Hooq、dsbなどのインターネットTV(28%)などがある。

2015年に入り、インターネットを通じた動画配信の自由度がますます高まっている。YouTubeは、多くの人に利用されているオンラインビデオプラットフォームです。また、Detik(29%)、CNNインドネシア(27%)のサイトでビデオを見る人も多い。

インフラストラクチャーは、オンラインショッピングを利用する上で重要な役割を担っている。インターネットへのアクセスは、オンラインショッピングをするためのオンラインショッピング(27%)であり、オンラインショッピングは、伝統的なテレビ(24%)よりもはるかに多くの伝統的なテレビ(24%)である。

"これは、伝統的なテレビ番組がデジタルプラットフォームに移行していることを、多くの人が知っている。インターネットが普及するにつれて、伝統的なテレビの視聴がオンラインビデオに移行することが多くなっています」とヘレンは語る。

オンラインショッピングで情報収集

インターネットが普及し、さまざまなデジタルメディアは、産業界がオンラインショップで商品を生産するために、このような機会を提供しています。このようなコンシューマー向けサービスは、オンラインショップで商品を購入するか、または購入する前に購入する必要があるような大規模なデジタル製品によって提供されています。

ニールセン・クロスプラットフォーム・レポート2017によると、21~49歳のユーザー層では60人以上がオンラインビデオ視聴をきっかけに、より多くのオンライン・ファンを獲得し、30人以上がオンライン・ファンを獲得している。

また、オンライン・ビデオを視聴することで、そのビデオ視聴がより身近なものになり、ビデオ視聴がより身近なものになる(30~39歳では28%にものぼる)。

このような背景のもと、産業界は、デジタル・プラットフォームを活用し、製品に関連する戦略やメディアを開発する。

ニールセン・クロスプラットフォーム・レポート

ニールセンのクロスプラットフォームレポートは、アジア太平洋地域のデジタルコンシューマリサーチです。この研究で利用可能なアジア太平洋地域は、インドネシア、日本、マレーシア、フィリピン、韓国、タイ、ベトナムです。この研究は、オンライン調査手法を用いたQ1期間中に実施された調査である。この調査は、Eメールで送信され、インターネットに接続されたオンラインアンケートに回答するためのものです。アンケートは2017年2月から4月まで実施します。 

ニールセン・コンシューマー&メディア・ビュー

CMV調査は、インドネシア11地域(ジャカルタ、バンドン、ジョグジャカルタ、スマラン、スラカルタ、スラバヤ、デンパサール、メダン、パレンバン、マカッサル、バンジャルマシン)で10年以上にわたって17,000人以上を対象にニールセンが実施した調査である。ここに掲載されている情報には、人口統計データ、心理統計データ、メディア統計データ、製品統計データなどがあります。

ニールセンについて

ニールセンN.V.(NYSE:NLSN)は、「見る(Watch)」と「買う(Buy)」をキーワードに総合的なマーケティングを提供するグローバル企業です。Watch」セグメントは、ビデオ、オーディオ、ビデオ・メディアやメディア・エージェンシーとのコラボレーションにより、世界各地の総合的な視聴体験を提供します。Buy部門は、製造業者や販売業者など、産業リート業界におけるグローバルなビジネス展開を支援します。ニールセンは、ウォッチとバイのセグメントとそのデータの合計の情報を統合することにより、世界の市場動向を分析し、その動向を把握するための分析を行う。ニールセンは、S&P 500の一企業であり、世界の90人以上の人口を持つ100カ国以上で稼働しています。詳細については、www.nielsen.com