本コンテンツへスキップ
ニュースセンター>製品

ニールセン スポーツ、世界21カ国17スポーツにおける人気ランキングのレポートを発行

2分で読む|2024年2月

ニールセン・スポーツ・ジャパンはこのたび、スポーツファンの実態に関する自主調査「ニールセン・ファン・インサイト」を基にしたスポーツマーケティングのレポートを発行しました。本レポートでは、全国民、Z世代、60歳代、女性などセグメント別で世界における人気スポーツのランキングを紹介しています。

今回のデータはニールセン スポーツが保有する世界20地域以上の調査プラットフォームを使い、各国約1,000人を対象に2023年時点での動向をまとめています。これらのレポートを活用することで、ブランドやライツホルダー、エージェンシーなどスポーツマーケティングに関わる方々が詳細なインサイトを把握した上で自社の仮説に対する裏付けや分析、戦略・キャンペーンの設計に役立てることができます。

調査結果のハイライト

最新の調査結果によると、世界規模ではサッカーとバスケットボールがどのセグメントにおいても人気がある一方、3位以下はセグメントごとにやや異なっていること、またスポーツによっては、一部地域特性が垣間見える結果となりました。以下の考察はニールセン独自によるものです。

サッカーは、世界21カ国中13カ国で一番人気、17カ国で一番もしくは二番人気。

Z世代(GenerationZ)および女性のセグメントでは、陸上競技、水泳、サイクリング、テニスなどの個人競技がサッカーやバスケットボールに次いで3位以下にランクインしています。

日本で一番人気の野球は60歳代でやや人気があるものの、世界全体では測定17位中14位です。
同様にインドで一番人気のクリケットは世界全体では測定17位中17位と、地域色の強いスポーツであることがわかります。
バレーボールは、ブラジルに加え東南アジアでも人気が高く、フィリピン、タイ、ベトナムで二番人気のスポーツとなっています。
バドミントンは、中国、インドネシア、マレーシアでは一番人気、その他、フィリピン、タイ、インド、ベトナムでもトップ5に入っています。

本レポートに関するお問い合わせやご購入をご希望の方は以下のメールアドレスまでお問い合わせください。
nielsensports_press_jp@nielsen.com

ニールセンについて

ニールセンは、視聴者測定、データ、アナリティクスにおけるグローバルリーダーとして、世界のメディアとコンテンツを形成しています。あらゆるチャネルやプラットフォームにおける人々とその行動を理解し、独立した実用的なインテリジェンスを提供することで、クライアントが現在そして将来にわたって視聴者とつながり、エンゲージできるよう支援しています。ニールセンは、世界55カ国以上で事業を展開しています。

詳しくは、www.nielsen.comやソーシャルメディアアカウントをご確認ください。