02_Elements/Icons/ArrowLeft Back to Insight
Insights > Media

ニールセン テレビとストリーミングに関する『グローバル・ビデオ・オン・デマンド・レポート』 【英語版】

0 minute read | March 2016
{“order”:3,”name”:”subheader”,”attributes”:{“backgroundcolor”:”000000″,”imageAligment”:”left”,”linkTarget”:”_self”,”title”:”Insights”,”titleColor”:”FFFFFF”,”titlecolor”:”A8AABA”,”sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/subpageheader”},”children”:null}
{“order”:6,”name”:”pubdate”,”attributes”:{“sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/publishdate”},”children”:null}

メディアを取り巻く状況が急速に変化し、消費者が動画エンターテイメントを楽しむ方法にはかつてないほど多くの選択肢があるにもかかわらず、従来型のテレビは依然、世界中で好まれるプラットフォームとして支配的な地位を占め続けています。ニールセンのグローバル・ビデオ・オン・デマンド調査は61ヵ国で3万人以上のオンライン回答者に対してアンケートを行い、オンデマンド動画配信と広告に関する意識を世界規模で評価しました。そして、アンケート結果によれば非常に多くのオンデマンド視聴者がいることが明らかになりました。オンライン調査における世界の回答者の約3分の2(65%)が、何らかの形で、長編・短編を含むオンデマンド番組を視聴していると答えたのです。

Continue browsing similar insights