本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

ニールセン・クロスプラットフォーム・レポートQ4 2012

1分で読めるシリーズ|2013年3月

2013年10月15日更新

ニールセンの最高水準の視聴者測定レポートは、米国消費者のメディア行動の進化に関する最新の四半期ごとの展望を提供します。コンテンツ消費における多くの現代的変化を反映し、最新のクロスプラットフォームレポートでは、"ゼロテレビ世帯 "と呼ばれる新しいカテゴリーのデータを拡大して提供しています。

ニールセンの従来のテレビ世帯の定義に当てはまらないこれらの特別な世帯に関する興味深い事実が、来る2013-2014年シーズンの測定サンプルに含まれるようになります。米国では、従来のプラットフォームでテレビ番組を受信していない家庭は限られていますが、これらの「テレビゼロ」家庭の75%は、エンターテインメントの視聴、ゲーム、インターネット閲覧に使用できるテレビをまだ持っています。

ニールセンがこの四半期のデータを検証したところ、人種、民族、性別に関係なく、アメリカ人はコンテンツに貪欲であることがわかりました。

DVRやビデオ・オン・デマンドによるタイムシフト視聴や、パソコンによるネットサーフィンやストリーミングの利用についての考察を引き続き報告します。