02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

ライブTV視聴がオーストラリア人のスクリーン利用を牽引:2013年第3四半期マルチスクリーンレポート

2分で読む|2014年2月
{“order”:3,”name”:”subheader”,”attributes”:{“backgroundcolor”:”000000″,”imageAligment”:”left”,”linkTarget”:”_self”,”pagePath”:”/content/corporate/au/en/insights”,”title”:”Insights”,”titlecolor”:”A8AABA”,”sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/subpageheader”},”children”:null}

2013年第3四半期を対象とする最新のAustralian Multi-Screen Reportによると、オーストラリア人は録画されたテレビよりもライブを圧倒的に好んでおり、利用可能な最大のスクリーンに引き寄せられることがわかっています。

スクリーンタイムの大部分はテレビ放送に費やされています。ほとんどの視聴はライブです。家庭での新技術の導入は拡大し続けています。家庭用テレビの全体的な使用は前年比で安定しており、人々の視聴パターンは、新しいさまざまなタイプの画面の継続的な取り込みにより拡大しています。

テレビ放送の視聴は堅調で、オーストラリア人一人当たり毎月約96時間となっています。モバイルデバイスの小型化は、テレビやその他のビデオコンテンツを消費する機会を増やし、人々が自宅でテレビを見る時間を補完します。

マルチスクリーンレポート2013年第3四半期 – 主な調査結果の概要:

  • オーストラリア人は、従来のテレビで月に平均95時間51分(95分51秒)のテレビ放送を視聴しています。
  • テレビ視聴の93%はライブ放送で、視聴者が7日以内に録画・視聴した放送コンテンツの再生は7%(月7分10秒)を占めています。
  • オリジナル放送の8日間から28日間の再生は、28日間の全テレビ視聴の1%未満を占めています。
  • 99%の家庭が地上デジタルテレビ(DTT)に移行し、89%が家庭内のすべてのワーキングセットをDTTに変換しています。

レポート全文をダウンロードするには、ここをクリックしてください

ニールセンについて オーストラリアン・マルチスクリーン・レポート四半期ごとに発表されるオーストラリアン・マルチスクリーン・レポートは、オーストラリアの家庭におけるテレビ、コンピューター、モバイル機器におけるビデオ視聴の傾向に関する最初で唯一の全国調査です。このレポートは、OzTAMと地域TAMのテレビ視聴率パネル、ニールセンの全国NetViewパネル、Consumer & Media Viewデータベース、Australian Connected Consumers Reportの3つの最良の調査ソースからのデータを組み合わせたものです。

類似の洞察を閲覧し続ける

私たちの製品は、あなたとあなたのビジネスをサポートします。

  • 消費者とメディアの視点

    ブランド、広告、マーケティングを成功に導くためのシンジケート調査やカスタム消費者調査にアクセスできます。

  • NCSolutions

    CPG広告の効果をデータで最大化し、より良いセグメント化、最適化、販売ベースの成果を可能にします。