Skip to content
Insights > Digital

アメリカ 2015年第4四半期 トータル・オーディエンス・レポート 【日本語版】

0 minute read | April 2016
{“order”:3,”name”:”subheader”,”attributes”:{“backgroundcolor”:”000000″,”imageAligment”:”left”,”linkTarget”:”_self”,”title”:”Insights”,”titleColor”:”FFFFFF”,”titlecolor”:”A8AABA”,”sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/subpageheader”},”children”:null}
{“order”:6,”name”:”pubdate”,”attributes”:{“sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/publishdate”},”children”:null}

ミレニアル世代のテクノロジー保有状況が上の世代とどのように異なるか、そしてこの世代がメディア消費をどのように変えつつあるかといった問題は、多くの調査や著述の対象となっています。

しかし、18歳から34歳の人たちは、共通のテクノロジーや習慣がある同質のグループではありません。今この世代は、労働力に加わり、親から独立して暮らし、家庭を持つようになっており、その生活は急速に変わりつつあります。

この調査レポートでは、ミレニアル世代では変化のペースがジェネレーションXと比べてどのように遅くなっており、世帯年収が自立や家庭を持つことにいかに影響を与えているかを詳細に調べています。3つのライフステージにおけるミレニアル世代のプロフィールを、その特徴、利用するサービスやテクノロジー、家で過ごす時間、テレビやラジオやデジタルデバイスの利用状況といった点で詳しく示します。