本コンテンツへスキップ
02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>オーディエンス

2018年国際女性デー:興行界をリードする女性たちを祝う

1分で読めるシリーズ|2018年3月

2018年の国際女性デーを記念して、ニールセンはGracenoteの広範なエンターテイメントデータセットを分析し、男女平等がどのように進展しているかについて新たな洞察を得ました。新世紀以降のデータを見直し、映画界の女性にとって極めて重要な瞬間に焦点を当てました。

昨年、映画業界はハリウッドにおける女性の役割について批判的な見方をするようになった。興行的にヒットした作品の主役に女性が起用される確率は、世界的に見ればまだ男性よりも低いが、興行的に成功を収める女性の数は今世紀に入ってから増えている。

21世紀の最初の5年間は、残念ながらハリウッド女優にとって最も実りの少ないものであった。年間トップ10作品のうち、女性がクレジットのトップに立ったのは平均して3作品程度だった。明るい話題となったのは、エレン・デジェネレス主演のアニメ映画『ファインディング・ニモ』とホリー・ハンター主演の『インクレディブル』だった。この2作品は、2000年から2004年にかけて最も成功した女性主演映画である。

良いニュースは、2005年以来、女性がより目立つ主役を演じることで、興行収入への影響力を一貫して高めてきたことだ。2013年は女性にとってブレイクの年となり、集客力において男性と肩を並べるようになった。男性との土俵を平らにすることに貢献したメガヒットは、「アナと雪の女王」、「ハンガー・ゲーム」、「キャッチング・ファイヤー」、「デスパイダブル」である:ハンガー・ゲーム:キャッチング・ファイヤー』、『デスパイブル・ミー2』、『グラビティ』など、女性が主役を演じた作品が目白押しだ。

2013年以降、毎年の興行収入トップ10の少なくとも半分で、女性が主役の座を着実に維持している。昨年だけでも、デイジー・リドリー(『最後のジェダイ』)が1位、エマ・ワトソン(『美女と野獣』)が2位となるなど、国際興行収入トップ10のうち6作品で女性が主役を演じている。

関連タグ

類似のインサイトを閲覧し続ける