Skip to content
Insights > Digital

ニールセン、『米国のテレビ・インターネット・ラジオにおけるスポーツコンテンツ視聴動向レポート 2017年版』を発表

0 minute read | April 2018
{“order”:3,”name”:”subheader”,”attributes”:{“backgroundcolor”:”000000″,”imageAligment”:”left”,”linkTarget”:”_self”,”title”:”Insights”,”titleColor”:”FFFFFF”,”titlecolor”:”A8AABA”,”sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/subpageheader”},”children”:null}
{“order”:6,”name”:”pubdate”,”attributes”:{“sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/publishdate”},”children”:null}

ニールセンの「YEAR IN SPORTS MEDIA 2017 REPORT」は、スポーツ界における最高の瞬間、この1年間に何が起こったのか、スポーツ権利者、フォン、スポンサーの短期/長期の将来にどのような影響を与える可能性があるのかを見ています。

• スポーツ視聴の習慣はどのように変化していますか?• 近代的なスポーツファンを獲得しているのはどこのリーグですか?• 最新のスポーツ業界のスポンサーシップの傾向は?

米国におけるスポーツコンテンツの視聴は、15年連続して増加し、2017年には13.4万時間以上のスポーツニュース、イベント、アンソロジー、解説番組が放送されました。ライブ視聴の上位100番組中86番組がスポーツ関連の番組でした。

スポーツイベントにテレビ視聴者が集まるテレビは未だなお視聴者がスポーツコンテンツに接続するための重要なデバイスです。視聴者が他のメディアに分散する可能性はあるにもかかわらず、「スポーツ」は2017年においても、ライブ視聴と当日録画視聴を合わせた視聴率**上位100番組中86番組を占めています。スポーツファンは、遠方のファンと話す際にはソーシャルプラットフォームを使用し、直に人と触れ合うときにはテレビの周りに集まります。

** 15分以上のテレビ放送が含まれています。 イベント前後のテレビ放送が含まれます。