02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

選挙本部

1分で読める|ニールセン ディレクター アド・インテル・ポートフォリオ マンゴ・マッコール氏、ニールセンインサイト アナリスト アド・インテル・ポートフォリオ ジェイク・アーウィッチ氏|2019年4月

ニールセンの2019年オーストラリア選挙本部

2019年5月18日、オーストラリア国民は新しい連邦指導者に投票する。今年、ニーズレンはElection HQを使い、政治広告のためにテレビ、印刷物、ラジオにいくら使われているのか、また毎週新しい広告メッセージの心情はどうなっているのかを把握する。注目するのは4大政党、自由党、労働党、統一オーストラリア党、緑の党である。

2013年と2016年の連邦選挙を振り返ると、広告費はもっと保守的だった。両選挙とも、支出の大部分は自由党と労働党によるものだった。しかし、2018年9月以降、統一オーストラリア党はすでに両連邦選挙での支出総額を上回っている。

類似の洞察を閲覧し続ける