02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>FMCG & 小売

データベース持続可能性のビジネス

2分で読める|2019年5月

第22話

持続可能性に対する消費者の関心はここ数年高まっており、個人の興味や信条に沿った製品やサービスへと嗜好がシフトしている。そして、その傾向は衰えていない。2021年までに、サステナブル志向の消費者はサステナブル製品に1,500億ドルを費やすと予想される。

しかし、持続可能性に対する消費者の関心は、食品や飲料といったものに限られているわけではない。今日、消費者はニールセンについて 資源管理から製品パッケージングに至るまで、あらゆる面で持続可能性を考えており、これは "持続可能性 "という言葉の性質が広がり続けていることを物語っている。しかし、どのように定義されるかにかかわらず、73%が地球への影響を減らすために行動を変えるか、おそらく変えると回答しているように、持続可能性は世界中の消費者にとって最重要課題である。

では、こうしたシフトは企業にとって何を意味するのだろうか?私たちは以前から消費者のサステナブル志向や消費動向を注視してきたが、このような行動がビジネスにどのような影響を及ぼしているのかを調査したかった。具体的には、企業がどのように適応しているのか、また、その適応が近年どのように加速しているのか、さらに、適応した場合に業績がどうなるのか、適応しなかった場合にどうなるのかを理解したかったのです。

このエピソードでは、サステナビリティのビジネス・サイドを探ります。1つ目はニールセンの最高法務責任者ジョージ・キャラードとニールセンのグローバル・レスポンシビリティ&サステナビリティ担当バイスプレジデント、ジュリア・ウィルソンとの対談、2つ目はHSBC証券のアメリカ地域ESGリサーチ責任者テッシー・ペティオンとナスダックのサステナビリティ・グローバル責任者エヴァン・ハーヴェイとの対談です。

他のエピソードをお探しですか? iTunesGoogle Play 、または Stitcherでデータベースを購読し、 Megaphoneページで過去のエピソードをご覧ください

類似の洞察を閲覧し続ける

私たちの製品は、あなたとあなたのビジネスをサポートします。

  • 消費者とメディアの視点

    ブランド、広告、マーケティングを成功に導くためのシンジケート調査やカスタム消費者調査にアクセスできます。

  • NCSolutions

    CPG広告の効果をデータで最大化し、より良いセグメント化、最適化、販売ベースの成果を可能にします。