02_Elements/아이콘/왼쪽 화살표 인사이트로 돌아가기
인사이트 > 관점

서비스 카테고리 내-외부에서 경쟁이 격화되고 있는 앱 시장의 동향을 바로잡는 것의 중요성

0분 읽기 | 뉴스센타 デジタル シニアアナリスト 高木史朗 | March 2021

アプリ市場においては、近年中国の「WeChat」や「Alipay」のように、一つのサービスの中で様々なカテゴリのサービスを利用することができるスーパーアプリに注目が集まっています。日本市場においても、2021年3月1日にヤフーとLINEが経営統合したことによって、「LINE」や「PayPay」といったアプリのスーパーアプリ化が加速していく可能性が考えられます。一つのアプリに様々なサービスが集約され始めると、現在起きているサービスカテゴリ内でのアプリ間の競争に加えて、サービスカテゴリを超えてスーパーアプリとの競争が起きるため、アプリ開発企業にとっては、今まで以上に消費者の意識を引きつけておく必要性が出てきます。

그 와중에, 앱 마켓에 대한 경쟁의 격화는 시작되었습니다. 1 년간의 앱 사용 개수의 변화에 주목하고 있으며, 1 개월에 1 회 이상 사용되는 앱의 수는 2020 년 12 월 시점에서 평균 30 개입니다.6개로 전년 대비 4개 감소했으며, 2019년에는 메신저와 E-커머스, 페이스북 등 대형 서비스의 등장으로 틱톡과 페이페이 등 소비자들이 새로운 서비스를 이용할 수 있는 환경이 조성되면서 앱 사용량이 1년 사이 감소세로 전환되었습니다.

2020년은 코로나19의 영향으로 온라인 동영상 시청 및 다운로드, 온라인 회의 시스템 이용 등 디지털 서비스 이용 상황이 크게 변화했으며, 앱 이용 상황도 영향을 받아 앱 이용 개수의 감소는 코로나19에 의한 직접적인 영향이 있었습니다.19による直接的な影響だけではありまんでした。カテゴリごとの変化を見、地図アプリなどを含む「旅行」カテゴリで減少が見られるなどこのようなアプリが、このようなアプリが、コーボスが落ち着、それ以前のように外出が自由にできる様になる、以前利用したアプリを再度使います可能性が考えられました。

しかし、在宅時間の増加により視聴時間が増加れていた動画アプリなどを含む「エンタテイメント」カテゴリにも、利用するアプリの個數が減少いました。動画アプリに絞ってみると利用個数が減少しておらず、ゲムや音楽などのアプリの利用が減少いました。直接的なCOVID- の影響が減少していました。19の影響ではなく、楽しむためという同じ利用目的で動画サービスなどの利用時間が増加したことで、ゲームや音楽アプリの利用機会を奪ったことが影響していると考えます。このような視聴習慣が変化したユーザにアプリを使い続けるもので、以上にはユーザーの滿足度を向上されたく必要であると言わせたい。

Jp Insight20210330_001

アプリの競争の激化は、成長センメントのカテゴリにおいています。スーパーアプリに注目している、日常にかけない「ペイメント」アプリに着用して、上位10サイビスのイずれかを利用しない人は1年間で775万人増加し、2020年12月時点で5,141万人が利用する規模にまで成長していました。ここ数年での成長に加えて、昨年は感染予防の観点からも注目されたことに後押しされた様子が伺えます。しかしその恩恵をすべてのサービスが受けているわけではありません。上位10サービスのうち、上位3サービスでは平均466万人も利用者数が増加していたのに対して、下位7サービスでは平均43万人の増加にとどまりました(図表2)。未だ成長過程の市場ではありますが、一部のサービスによる寡占状況となり、規模の小さいサービスにとっては単体での成長が困難になっていく可能性も考えられます。

JP Insight20210330_002

アプリ開発企業にとっては、同じカテゴリ内での競争に加えて、今後スーパーアプリの登場によるカテゴリを超えた競争も見据えた戦略の立案が重要になってきます。自社のアプリユーザー数が増加していたとしても、競合アプリはそれを上回る成長率である可能性もあります。また、他のカテゴリのアプリに自社サービスユーザーの生活時間を奪われる可能性もあります。そのため、随時市場の動向を正確に把握した上で、戦略や戦術をアップデートしていく必要があります。

관련 태그:

유사한 인사이트 계속 탐색

당사 제품은 귀하와 귀하의 비즈니스에 도움이 될 수 있습니다.