02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

クリックとバランス2014年2月のトップ政府ウェブサイトと米国ウェブブランド

2分で読む|2014年4月

納税の日が目前に迫り、期限が過ぎる前に助成金付き健康保険をオンラインで申請する国民が増える中、2014年2月に政府のウェブサイトを訪れたアメリカ人は8600万人に上った。月が短かったにもかかわらず、ユニークビジター数は1月に比べて200万人近く増加した。トップはIRS.govで、2,600万人のアメリカ人がウェブサイトを訪れ、1ヶ月の平均訪問回数は4回を超えた。 

今年2月、約300万人のアメリカ人がHealthCare.govを訪れ、3月31日の医療市場登録期限を前に、1人当たり平均23分間サイトを閲覧した。また、政府部門の上位サイトの多くが連邦政府の支部や機関であったが、上位10サイトのうち3つは州のサイトであった:カリフォルニア州(ユニークビジター数660万人)、ニューヨーク州(同420万人)、フロリダ州(同280万人)である。

2月のユニーク閲覧者数による米国政府ウェブサイトのトップ

順位 ブランドまたはチャンネル ユニーク視聴者数 (000) 一人当たりの時間 (hh:mm:ss)
政府 86,072,000 0:34:15
1 米国内国歳入庁 26,149,000 0:17:04
2 米国国立衛生研究所 11,108,000 0:07:31
3 CA.gov 6,641,000 0:19:16
4 米国社会保障制度 5,315,000 0:15:12
5 ニューヨーク州政府 4,225,000 0:14:21
6 米国疾病対策予防センター 3,541,000 0:04:54
7 ヘルスケア・ドット・ゴブ 2,965,000 0:23:16
8 米国退役軍人省 2,751,000 0:16:21
9 FL.us 2,750,000 0:18:04
10 ホワイトハウス 2,669,000 0:04:58
と読む:2014年2月、米国では2,600万人のユニークビジターがIRS.govにアクセスし、平均17分間サイトを閲覧した。出典ニールセン・ネットビュー

2月のウェブ上での活動全体を見ると、2億600万人のアメリカ人がオンラインで活動し、平均29時間26分ブラウザでネットサーフィンをしていた。グーグルは今回も最もアクセス数の多いウェブ・ブランドであり、同社のウェブサイトに1億5400万人のユニークビジターが訪れた。

2月の月間利用時間は、月が短かったにもかかわらず、フェイスブックを筆頭にほとんどのウェブサイトで増加した。ソーシャルメディアサイトへの訪問者は、2014年1月と比較して30分近く増加し、月間で一人当たり平均8時間以上を費やした。

2014年2月のユニークオーディエンス別米国ウェブブランドトップ10

順位 ウェブサイト ユニークな観客 一人当たりの時間 (hh:mm:ss)
1 グーグル 154,351,000 2:03:42
2 フェイスブック 119,885,000 8:01:11
3 ヤフー 119,812,000 2:01:49
4 MSN/WindowsLive/Bing 119,195,000 1:25:09
5 ユーチューブ 104,878,000 1:51:16
6 マイクロソフト 81,465,000 0:51:08
7 AOLメディア・ネットワーク 79,979,000 1:48:23
8 アマゾン 76,437,000 0:42:26
9 ウィキペディア 64,881,000 0:28:39
10 アスク・サーチ・ネットワーク 58,983,000 0:12:36
として読む:2014年2月中、米国では1億5400万人のユニークビジターがグーグルのウェブサイトにアクセスし、1人当たり平均2時間3分をグーグルのサイトサーフィンに費やした。
出典ニールセン・ネットビュー

関連タグ

類似の洞察を閲覧し続ける

私たちの製品は、あなたとあなたのビジネスをサポートします。

  • 消費者とメディアの視点

    ブランド、広告、マーケティングを成功に導くためのシンジケート調査やカスタム消費者調査にアクセスできます。

  • NCSolutions

    CPG広告の効果をデータで最大化し、より良いセグメント化、最適化、販売ベースの成果を可能にします。