本コンテンツへスキップ
ニュースセンター>

ニールセン、2011年第3四半期決算を発表

4分で読めるシリーズ|2011年10月

営業概況-(2011年9月30日及び2010年9月30日に終了した第3四半期)

以下の表は、表示されている期間における、要約四半期連結損益計算書に含まれる金額を示しています。

投資家向け広報担当Liz Zale, +1 646 654 4593 Media Relations:クリスティ・ブーリエル、+1 646 654 5577

  • 当四半期の売上高は10%増の14億1,300万ドル、恒常為替レートベースでは6%増
  • 当四半期の調整後EBITDAは10%増の4億800万ドル、恒常為替レートベースでは7%増
  • 当四半期の調整後純利益は、83百万ドルから181百万ドルに増加

2011年10月27日、米国ニューヨーク発 - 消費者が何を買い、何を見るかについての洞察と分析を提供する世界有数の企業、ニールセン・ホールディングス N.V. (NYSE: NLSN) は本日、2011年9月30日に終了した第3四半期の決算を発表しました。

「ニールセンの第3四半期の業績は、堅調な収益の伸びと営業成績を反映しています。ニールセンの最高経営責任者であるデビッド・カルフンは、「当社は引き続き戦略的投資とデレバレッジへのコミットメントに対してバランスのとれたアプローチを実行しています」と述べています。

2011年第3四半期 営業概況

当四半期の売上高は、前年同期比 10%増加し、14 億 1,300 万ドルとなりました(前年同期の為替レートを適 用した場合、6%の増加)。これは、バイ・セグメントで12%の増加(前年同期の為替レートを適用した場 合7%)、ウォッチ・セクターで6%の増加(前年同期の為替レートを適用した場合4%)、エキシビ ション・セグメントで2%の増加があったことによるものです。

当四半期の調整後 EBITDA は前年同期比 10%増の 4 億 800 万ドル、恒常為替レートベースでは 7%となり ました。第 3 四半期の当期純利益は、前年同期の 1,100 万ドルに対し、1 億 300 万ドルとなりました。調整後当期純利益は、前年同期の 8,300 万ドルに対し、1 億 8,100 万ドルに増加しました。

2011年9月期第3四半期 営業概況

2011 年 1-9 月期の売上高は、前年同期に比べ 9%増加し、41 億 1,100 万ドルとなりました(前年同期の為替 レートを適用した場合、6%の増加)。これは、バイ・セグメントで 12%増加(前年同期の為替レートを適用した場合 7%増加)、ウォッチ・セグメントで 5%増加(前年同期の為替レートを適用した場合 3%増加)、エクスポーズ・セグメントで 5%増加したことによるものです。

2011 年初めの 9 ヶ月間の調整後 EBITDA は、前年同期比で 10%増の 11 億 1,400 万ドル、恒常為替レートベースでは 7%増となり ました。2011 年初めの 9 ヶ月間の純損失は 900 万ドルで、これに対して 2010 年同期は 1 億 2800 万ドルの純利益でした。2011年の業績には、新規株式公開に関連する費用2億600万ドル(税引き後1億2700万ドル)が含まれています。2011年9ヶ月累計の調整後純利益は、前年同期の1億6,700万ドルに対して、4億ドルに増加しました。

財政状態

2011年9月30日現在の現金及び現金同等物の残高は4億4百万米ドル、総負債は2013年満期円貨建転換社債型劣後債2億 88百万ドルを除いて67億23百万米ドルでした。当四半期末の純有利子負債は63億1,900万ドルで、純有利子負債レバレッジ比率は4.2倍となりました。 2011 年初めの 9 ヶ月間で、2013 年満期の有担保上位タームローン 1.25 億ドルを自主的に返済し、これには第 3 四半期の 1.05 億ドルが含まれます。資本支出は、前年同期の 2 億 2600 万ドルに対し、2011 年初めから 9 ヶ月間は 2 億 1300 万ドルでした。

電話会議とウェブキャスト 

ニールセンは2011年10月27日午前8時30分(米国東部時間)に第3四半期の業績に関するカンファレンス・コールを開催します。 この電話会議にはウェブキャスト(https://ir.nielsen.com)または電話(1-800-884-5695)でアクセスすることができます。米国およびカナダ以外の国からは+1-617-786-2960におかけください。パスコードは "Nielsen "です。電話会議終了後、ウェブサイト上でアーカイブを公開する予定です。また、当日の模様は、投資家情報サイトに掲載される予定です。 

将来予測に関する記述

本ニュースリリースには、1995年米国私募証券訴訟改革法のセーフハーバー規定に基づく将来予想に関する記述に該当する可能性がある情報が含まれています。 これらの記述は、「予定」、「期待」、「はず」、「可能性」、「しなければならない」等の表現で特定される場合があります。 これらの記述はリスクや不確実性を内包するものであり、実際の結果や事象は現時点での予測とは大きく異なる可能性があります。 これらの要因には、一般的な経済状況、ニールセンが関わる市場の状況、顧客、サプライヤー、競合他社の動向、技術開発、ならびにニールセンの事業に影響を与える法律および規制規則、および当社が発行する他のリリースや公的書類(証券取引委員会への当社の提出書類を含む)に記載されている特定のリスク要因が無制限に含まれる場合があります。 この要因のリストは、すべてを網羅することを意図したものではありません。 このような将来の見通しに関する記述は、本プレスリリースの日付時点のものであり、当社は、新しい情報、将来の出来事、その他の要因によって、当社または当社の代理人が行った書面または口頭による将来の見通しに関する記述を更新する義務を負いません。

ニールセンについて

Nielsen Holdings N.V. (NYSE: NLSN) は、マーケティングおよび消費者情報、テレビおよびその他のメディア測定、オンライン情報、モバイル測定、見本市および関連資産において市場をリードする情報・測定企業で、世界的な企業です。ニールセンは約100カ国で事業を展開し、本社を米国ニューヨークとオランダのディーメンに置いています。詳細については、www.nielsen.com。