ニュースセンター>多様性

ニールセン・グレースノート、ローリングストーン誌の伝説的ジャーナリストを迎えてアジア太平洋文化遺産月間を祝う

1分で読む|2018年7月
 

ニールセン・グレイセノートは、アジア太平洋遺産月間のキックオフとアジア・アフィニティ・リンク社員リソース・グループ(ERG)のノースウエスト支部を正式に発足させるため、ローリング・ストーン誌初の音楽編集者であるベン・フォン=トレス氏とのファイヤーサイドチャットを開催しました。

ベイエリア出身のフォング=トレスは、家族が経営する中華レストランで働いていたころの音楽との出会いを回想し、読者としてローリング・ストーンの編集部に宛てた手紙が、当時最も権威のあった音楽雑誌の正社員の座にどのようにつながったかを説明した。フォング=トレスは、ポール・マッカートニー、エルトン・ジョン、レイ・チャールズ、ジャクソン5などの著名なインタビューによって、1960年代から1970年代にかけて急成長した音楽シーンを取材したことで広く知られている。彼は、ジャン・ウェナー、ハンター・S・トンプソン、若き日のキャメロン・クロウといったローリング・ストーン誌の伝説的人物たちとともに仕事をした。

1960年代のサンフランシスコは、"閉ざされたドアよりも開かれたドアの方が多い時代 "だった。彼は、自分の情熱を追求しようとしているグレースノーターたちに、確かなアドバイスをした。「ここ10~20年で、アジア系アメリカ人やその他の少数民族の人々にも、より多くの機会が与えられるようになりました。「まだ障壁はあります。確かに、人種差別や偏見、天井はまだある。しかし、大概の場合、野心と才能のある人にはチャンスがある。チャンスをつかまなければ、チャンスはないんだ」。

「少し心配になることもある。「我慢すべきかもしれない。今はまだそれをする時期ではないし、それに挑戦したり応募したりする時期でもない。行ってみたらどうだ。