ニュースセンター>責任と持続可能性

ニールセンのソーシャルインパクト戦略は、データ、科学、人を組み合わせ、変化をもたらす

2分で読む|2018年3月
 

ボランティア活動や社会貢献は長い間ニールセンの文化の一部でしたが、ニールセンの正式な社会的影響戦略は、2010年に社員がアイデアを共有したことから始まり、毎年恒例の奉仕の日である ニールセン・グローバル・インパクト・デー(NGID)に発展しました。

NGIDは、世界中のアソシエイトが共通の奉仕精神で集まる機会を作りました。この日を境に、ニール セン・ケアーズ の年間を通じた従業員ボランティアプログラムが誕生しました。Nielsen Caresのプロジェクトやプログラムは、アソシエイトの時間と専門知識、さらにはニールセンのデータを活用して、教育、飢餓と栄養、ダイバーシティ&インクルージョン、テクノロジーといった優先分野の非営利団体に影響を与えています。ニールセンのアソシエイトは、毎年24時間のボランティア時間を持ち、ボランティアプロジェクトを通じて変化をもたらすことができます。

先日、ニールセン財団のグローバル・レスポンシビリティ&サステナビリティ担当ディレクターであるジュリア・ウィルソンと、グローバル・レスポンシビリティ・アンド・サステナビリティ担当ディレクター兼助成金担当ディレクターのアンドレア・ベルテルズが対談し、このアプローチが時間の経過とともにどのように進化してきたかについて議論しました。

「ニールセン・ケアーズのすべてのプログラムは、当社全体の使命と目的に基づいて構築され、活用されています。当社のデータ、科学、人材は、お客様が市場で何が起きているのかを理解し、その知識に基づいてどのように行動すべきかを理解するのに役立ちます」とアンドレアは述べています。そして、これと同じデータ、科学、人材が、ニールセン・ケアを通じて社会に影響を与えるために、私たちのコミュニティや非営利団体に展開されているのです。

アンドレアは、ニールセンの従業員がNGIDのニールセン・ケア・プロジェクトや年間を通じて行った貴重なスキルベースで実践的なボランティア活動を共有することに加えて、ニールセン財団による慈善助成金についても紹介しました。

ニールセンが出資する民間財団であるニールセン財団は、2016年に助成金の提供を開始しました。助成金は、特にデータの使用を通じて、社会セクターが差別を減らし、世界の飢餓を緩和し、効果的な教育を促進し、強力なリーダーシップを構築する方法に焦点を当てています。財団が2017年に開始したプログラムの1つに、ニールセンのアソシエイトが四半期に12時間以上のボランティア活動を行った場合に、適格な非営利団体に助成金を支給できる「コーズカード」があります。