ニュースセンター>マーケティング・パフォーマンス

Gracenoteが広告バイヤー向けに包括的なメディア投資の機会を強調

3分で読む|2024年6月

Gracenote Inclusion Analyticsのデータを引用した新レポートは、インサイト 、コンテンツにおける人種、民族、アイデンティティのグループ間の表現について、多様なメディア投資に役立つ情報を提供します。

ニューヨーク発- 2024年6月13日 -ニールセンのコンテンツデータ事業部門であるグレースノートは本日、主要なストリーミングプラットフォームやリニアチャンネルにおける2024年の新番組の主要キャストのうち、人種、民族、性別、障害の異なるグループの認知度を定量化した新しいレポートを発表しました。Gracenote Inclusion Analyticsのデータを活用した本レポートは、メディアバイヤーが多様なキャラクターや物語を忠実に表現する番組に投資し、多様なメディアが所有する広告を補完する機会を明らかにします。 

レポート全文をダウンロードするには、ここをクリックしてください

大手ストリーミング配信事業者やネットワークが多様なタレントを起用した新タイトルをリリースすることで、マーケターは包括的な番組内で広告在庫を活用する新たな機会が生まれます。Gracenoteの "share of cast"(キャストのシェア)データは、様々な次元や交差グループにわたる番組の上位10人の主演キャストにおけるキャストの代表性を数値化したものです。Gracenoteの新レポートの主な調査結果は以下の通りです:

  • Huluは、アジア系アメリカ人太平洋諸島出身者のキャストに占めるAAPIの割合が32.2%で、アジア系アメリカ人太平洋諸島出身者を最も多く受け入れている。
  • ヒスパニック系キャストの割合31.2%で、ストリーミング・プラットフォームおよびリニアネットワークの中でDisney+がトップ 
  • NBCはリニア・ネットワークとストリーミング・プラットフォームの中で、キャストの30%を占める黒人の包括性においてトップである。
  • パラマウント+とCBSは、LGBTQの表現においてほぼ互角で、それぞれ9.2%と9%のキャストを占めている。
  • Foxは、障害者を含むキャストのシェア11.3%で、リニアネットワークとストリーミングプラットフォームの中でトップ

Gracenoteのデータによると、黒人、先住民、有色人種(BIPOC)の登場人物に焦点を当てると、今年初放送のTVコンテンツ全体の68.5%がインクルーシブであると認定された。ストリーミング番組の場合、BIPOCキャラクターの存在は75.3%に跳ね上がる。つまり、今秋初放送予定の多様なコンテンツの見通しは有望である。 

「Gracenoteのレポートは、戦略的なプランニング 、メディアバイイングとアクティベーション、レポーティングとアナリティクスに応用できる有用なデータと洞察を捉えています。「消費者のメディア習慣に関する深い洞察から、コンテンツ・バリュー・チェーン全体にわたる人材の理解、供給や在庫の課題が存在する場合の多様なコンテンツ/クリエイティブ投資のさらなる機会の提供に至るまで、このレポートはTVにおける多様な広告支出の最適化に関する確かな概要を提供しています。

「Gracenoteの製品担当バイスプレジデントであるハレ・キアンファル氏は、「2024年の新しいテレビ番組における主要キャストの多様な構成は、ブランドが多様な視聴者と真のつながりを持つのに役立つ可能性を秘めています。「Gracenote Inclusion Analyticsは、メディアバイヤーがこのような機会を明確に理解し、クライアントに代わってデータに基づいた投資判断を下し、広告費の包括性を高めることができるようにします。

グレースノートのインクルージョン・アナリティクスは、他に類を見ないコンテンツ・メタデータの蓄積を活用し、人気テレビ番組に登場するタレントの性別、人種、民族、性的指向、障害の有無を明らかにします。このソリューションにより、メディアバイヤーは画面上の多様性や表現に関する重要な情報を得ることができ、より包括的な広告投資が可能になります。 

Gracenoteは、ニールセンのコンテンツデータ事業部門であり、エンターテインメントのメタデータ、コンテンツID、および関連サービスを世界の主要なクリエイター、配信事業者、およびプラットフォームに提供しています。Gracenoteのテクノロジーは、先進的なコンテンツナビゲーションとディスカバリー機能を実現し、テレビ番組、映画、音楽、スポーツなど、人々が愛するコンテンツに簡単にアクセスできるよう支援するとともに、複雑なビジネス上の意思決定をよりシンプルにする強力なコンテンツ分析を提供しています。

メディア連絡先

Mark Yamada
mark.yamada@nielsen.com