02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>スポーツ&ゲーム

このホリデー、子供たち(そして大人たち)の頭の中でゲーム機のビジョンが踊る

2分で読む|2014年11月

ほんの数年前までは、iPadやiPodが子供たちのホリデーシーズンの欲しいものリストの上位を占めていた。しかし今年は、子供も大人もより大きなものを欲しがっている。今年最も注目を集めたビデオゲームへの興奮が、次世代ゲームシステムへの欲求を駆り立てているのだ。ニールセン・ゲームズの調査によると、子供も10代の若者も、今後6ヶ月以内に少なくとも1つのビデオゲームプラットフォームを所有することに非常に強い関心を示している(それぞれ86%と70%)。また、成人の42%がこのゲームトレンドに加わりたいと考えている!

ビデオゲームは、驚くなかれ、子供とティーンエイジャーの間で最も多い。6歳から12歳の子供の90%があらゆるゲーム機や機器でビデオゲームをすると答え、13歳から17歳の10代の子供の88%がゲームをすると答えている。しかし、大人もそれに遠く及ばず、18歳以上の62%があらゆるタイプの機器でゲームをすると答えている。では、このホリデーシーズンに、どの年代の子供たちがどんなデバイスを欲しがっているのだろうか?

6歳から12歳の子供たちは、PlayStation 4(回答者の37%)とXbox One(37%)を同じくらい欲しがっており、任天堂のWii U(33%)への関心が僅差で続いている。同様に、10代の36%がソニーのプレイステーション4を、35%がマイクロソフトのXbox Oneを熱望している。しかし、13歳から17歳のうち、Wii Uに興味があると答えたのはわずか17%だった。そして、18歳以上のアメリカ人成人の間では、3つのシステムの間の広がりはさらに大きくなり、21%がPS4、16%がXbox One、12%がWii Uに興味を持っている。

しかし、大人たちのゲームへの関心の高まりにもかかわらず、多くの人が今年はもっと大きな賞品、スマートテレビに目を向けている。このインテリジェント・ディスプレイは、18歳以上の消費者の23%が今後6ヶ月以内に手に入れたいと考えており、年配の消費者にとってはトップ・リストとなっている。また、スマートTVは10代にとって3番目に人気のある家電製品だが、これらの若い消費者の28%がスマートTVの入手を心待ちにしている。

最新のゲーム機だけでなく、子供たちの関心はより小さいが、ゲーム志向であることに変わりはない。多くのテクノロジーに精通した子供たちが、今年もタブレットを手に入れたいとうずうずしている。ティーンエイジャーはiPadにも興味を示しているが(21%)、スマートフォンかiOS携帯を望んでいる人がより多い(38%)。

ゲーム機に対する幅広い年齢層の消費者の関心は、ゲーム業界にとって良い兆候だ。しかし、新しいデバイスの急速な登場は、ゲームの遊び方を変えつつある。超小型ゲーム機(ソニーのPlayStation TV、OUYA、GameStickなど)の登場は、ライフサイクルが終焉を迎えつつある第7世代ゲーム機への関心が萎んでいるのと時を同じくしている。また、「外出先での」ゲームという点では、携帯電話やその他のモバイル機器をゲームの代替手段として捉える消費者が増えているため、携帯ゲーム機への関心は低下し続けている。

家庭用電化製品、ゲーマー、ゲーム機の動態、ゲームおよびより広範なエンターテインメント・カテゴリーにおける時間と資金の配分に関するより詳細な洞察は、2015年第1四半期に入手可能な年次ニールセン360°ゲーム・レポートで紹介される予定である。

類似の洞察を閲覧し続ける