02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

台湾の消費者はsticky.comが大好き

1分で読む|2015年3月

消費者は忙しく、さらに忙しくなっている。その中でも消費者の眼球は最も忙しく、大中小のスクリーンを忙しく見ているからだ。

ニールセンメディアリサーチの2014年最新メディア調査によると、台湾の12~65歳の消費者の88%がテレビを視聴しており、5大メディア(テレビ、新聞、雑誌、ラジオ、インターネット)の中では依然として1位である。また、平均テレビ視聴時間は2時間50分だが、2010年と比較すると、テレビ視聴の割合は5%減少し、1日の視聴時間も14分微減している。

 

逆に、インターネットは台湾で消費者との接触率が2番目に高いメディアだが、インターネットへのアクセス比率は2010年の52%から69%へと17ポイント上昇し、1日の平均インターネット利用時間は3時間49分と4時間に近づいている。

インターネットを利用する割合や時間は急増しているが、テレビ露出の割合は88%と依然として高く、広告主と消費者のコミュニケーションや販売の主な媒体となっている。広告の割合は2010年の49%から2014年には55%と増加しているが、紙媒体、特に新聞は広告収入が比較的厳しい。

目はマルチ発火し、マルチタスクをこなす

消費者の目玉の忙しさを知りたいですか?消費者の多動生活-2014ニールセンメディア利用行動調査レポート」を入手するには、「レポートのダウンロードを申し込む」をクリックしてください。

関連タグ

類似の洞察を閲覧し続ける