02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>オーディエンス

オンライン取引でX世代がミレニアル世代に追いつく

1分で読む|2017年11月

従来、マーケティング担当者はミレニアル世代を、その集団の大きさとデジタルへの対応力の高さから、非常に望ましい顧客層と見なしてきた。しかし、ミレニアル世代に直接先行する世代であるX世代は、現在、同様にデジタルに精通しており、大きなチャンスをもたらしている。アジャイルマーケターは、ミレニアル世代に焦点を当て続ける一方で、X世代ユーザーに目を向けるのがよいだろう。

人口動態の変化の影響

インドでは出生率が下がり始めている。そのため、過去10年間は25~35歳の年齢層が圧倒的に多かったが、2019年からはその層に成長する子供が減るため、減少することになる。

国勢調査のデータによると、インドの全人口に占める25~35歳の割合は過去10年間で増加しており、この傾向はあと数年続く。2019年から2020年までには、25歳から35歳の人口がインド人口の22%を占めるようになるだろう。

潮目はまもなく変わると予想され、2019年がその転換点となる。国勢調査のデータによると、2019年から25~35歳の年齢層の規模が減少に転じると予想されている。今から10年以内に、インドの人口は増加し続けるが、25~35歳の人口はニールセンについて 2億6300万人となり、現在よりも減少する。

最新の国勢調査データによると、X世代に属する41~50歳は、インドで最も急速に人口が増加している層である。これらの消費者は人口の28%に過ぎないが、人口増加の42%に貢献している。

詳細は報告書全文をダウンロード(右上)。

類似の洞察を閲覧し続ける