本コンテンツへスキップ
02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>メディア

COVID-19がビデオストリーミングとローカルニュース消費に与える影響

1分で読めるシリーズ|2020年9月

この春から初夏にかけて、アメリカ人は室内に押し込められたとき、ストリーミング・ビデオ・コンテンツという新たな娯楽を発見しました。実際、米国のストリーミング対応家庭の消費者は、テレビ視聴時間の 25%をストリーミング・ビデオ・コンテンツの視聴に費やしています。しかし、米国が再開し、暖かい気候が人々を外に誘うようになると、ストリーミングの消費は1年前よりも大幅に増加し、メディア消費に関する新しい規範を示すようになりました。

COVID-19は、ストリーミングの増加を促すだけでなく、ニュースの消費にも大きな影響を及ぼしています。消費者が自宅や地域コミュニティで過ごす時間が増えているため、この大流行によって、地域ニュースへの信頼と消費が急増しています。詳しくは、オーディエンスインサイト担当SVPのピーター・カツィングリスに話を聞きました。同氏は、COVID-19が世界的に流行する中で変化するメディア消費について、さらに詳しい情報を提供しています(インサイト )。

消費者の在宅ワークライフスタイルが従来のルーチンや行動をどのように変化させているかについての詳細なインサイトニールセンについて は、最新版をダウンロードして ご覧ください。 Nielsen Total Audience Report(ニールセン・トータル・オーディエンス・レポート.

類似のインサイトを閲覧し続ける