02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>オーディエンス

パワーチャット広告における障害者表現の改善

1分で読む|2021年8月

米国人口の4分の1以上が障害を持ちながら生活しており、障害者でない私たちの多くも、障害を持ちながら生活している人を知っている可能性が高い。映画やテレビのコンテンツは、過去10年間に 障害や関連テーマを 含む番組が急増したことからも明らかなように、障害のストーリーを描くことでは進歩しているが、障害者を取り上げた広告は大きく遅れをとっている。210億ドルの市場潜在力を持つ広告主は、障害者コミュニティとその同盟者と関わる機会を逃すわけにはいかない。

障害とともに生きることが消費者の製品体験に与える影響を強調することは、帰属意識を強める。また、人々の日常生活に劇的な変化をもたらす可能性もある。インフルエンサーであり、活動家であり、ワンダーマン トンプソンのインクルーシブ・デザイナー・デジタル・アクセシビリティのグローバル責任者であるクリスティーナ・マロン(Christina Mallon)ニールセンについて 、広告主が情報に基づいたインクルーシブなメッセージを作るために何ができるかを聞いた。クリスティーナ・マロンは、障がいを持つ人々のために、認知度を高め、アクセシビリティを向上させ、ブランドとともに革新する最前線にいる。

 

その他の洞察については、最近の記事 Visibility of Disability」をお読みください メディアにおける障害者インクルージョンの要請に応える 」および「 障害の可視性」:広告における障害の描写

類似の洞察を閲覧し続ける

私たちの製品は、あなたとあなたのビジネスをサポートします。

  • 消費者とメディアの視点

    ブランド、広告、マーケティングを成功に導くためのシンジケート調査やカスタム消費者調査にアクセスできます。

  • NCSolutions

    CPG広告の効果をデータで最大化し、より良いセグメント化、最適化、販売ベースの成果を可能にします。