ニュースセンター

ニュージーランドで初めて雑誌の総視聴者数を測定

1分で読む|2015年2月
{“order”:2,”name”:”pubdate”,”attributes”:{“sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/publishdate”},”children”:null}

2015年2月20日、オークランド - ニュージーランドで初めて、雑誌のトータル・オーディエンス・ポテンシャル(TAP)が業界に報告されることになった。この新しい指標には、読者が雑誌に直接関わる平均回数が含まれ、「ピックアップ」とも呼ばれる。これにより、代理店、クライアント、出版社は、雑誌のリーチとフリークエンシー・スケジュールにピックアップを組み込むことで、トータル・オーディエンス・ポテンシャルを数値化した雑誌キャンペーンを計画することができる。

TAPダッシュボードのベータ版は、雑誌協会(MPA)と共同で、人々が何を視聴し、何を購入するかについての洞察を提供する大手プロバイダーであるニールセンによって開発されました。

ニールセンのCMI(Consumer and Media Insights)-視聴者測定部門リージョナル・ディレクターのケイト・テリーは、「MPAと協力して、読者の測定基準を拡張し、読者がお気に入りのタイトルに関わる方法がますます増えていることをよりよく反映するツールを開発できることをうれしく思います」と述べている。

MPAのピップ・エリオット専務理事は、「ベータ版TAPダッシュボードの最初の調査結果は、私たちが常々信じてきたこと(ニールセンについて )を証明しています。

TAP指標はベータ版の取り組みであり、さらなる開発が進行中である。2015年3月には既存のCMI(Consumer and Media Insights)購読者にも提供される予定。

ニールセンについて ニールセン

ニールセン・ホールディングスN.V.(NYSE: NLSN)は、マーケティングおよび消費者情報、テレビ、その他のメディア測定、オンライン・インテリジェンス、モバイル測定、見本市、および関連資産において市場をリードするグローバルな情報・測定企業である。ニールセンは約100カ国に拠点を持ち、本社は米国ニューヨークとオランダのディーメンにある。詳細はwww.nielsen.com。