本コンテンツへスキップ
ニュースセンター>製品情報

ニールセン・インドネシアとフラクタルが地域初の屋外メディア測定サービスを開始

1分で読めるシリーズ|2015年7月

ニールセン・インドネシアはこのほど、インドネシアにおけるアウトオブホームメディアのリーディングプロバイダーであるフラクタル社と歴史的なコラボレーションを行い、インドネシア初のシンジケーション型アウトオブホームメディア測定サービスを開始することを発表 しました。

この新しいサービスは、この種のものとしては初めて、屋外広告の効果に関する洞察を強化するものです。これにより、広告主は競争力の分析、場所の選択、視聴者ターゲット、投資範囲などを通じて、広告戦略から最高の投資収益率を得ることができます。

ニールセンインドネシアのマネージングディレクターであるAgus Nurudinは、「フラクタルのような大手メディア企業と提携できること、またこの提携によって我々のクライアントに新しい洞察を提供する機会を得られることに興奮しています」と強調しています。「屋外広告は、その導入に余分な労力がかかることや、効果に関する指標がないことから、一般的に投資額の高いメディアとして認識されています。屋外広告をより明確にすることで、広告主は広告投資についてより多くの情報に基づいた意思決定をすることができます。

現在、インドネシアにおける屋外メディアの普及率は52%で、テレビに次いで2番目に高いメディアです。インドネシア人の3分の2以上(67%)が平日は屋外で過ごし、その時間の25%が外出、平均1〜2時間が移動に費やされていることから、屋外メディアは広告主にとって大きなビジネスチャンスとなります。

ニールセンの消費者とマーケティングに関するグローバルな専門知識と、フラクタル社のアウトオブホームメディアに関するローカルな理解を組み合わせることで、クライアントに包括的な見解を提供し、屋外メディア戦略と投資をより集中させることができます。