本コンテンツへスキップ
ニュースセンター>イベント

コミュニティとつながり:ニールセン・グローバル・インパクト・デイ2023を祝うボランティアたち

4分で読む|2023年11月

2023年10月5日、39カ国にまたがる2,260人以上のニールセン社員が、11回目となるニールセン・グローバル・インパクト・デイ(NGID)にボランティアとして参加しました。NGIDは、ニールセンのコミュニティと文化に活気を与える、年に一度の奉仕の日です。ニールセンのボランティアは、350以上のイベントや約300の団体のための個人的な活動で、合計10,000時間以上のボランティア活動を行いました。 

ニールセンの社員は、私たちが生活し、働くコミュニティを支援するためにボランティア活動を行っています。「ボランティア活動は、変化の風を乗り越え、自分自身よりも大きな目的に向かって私たちを導く羅針盤です。「変革の時代において、NGIDのようなボランティア・プログラムは、従業員のエンゲージメントに火をつけるだけでなく、組織内の弾力的な精神を育むのを目の当たりにしてきました。地域社会に恩返しをすることで、私たちは結束を強め、そうすることで、揺るぎない団結力と目的を持って、どんな嵐にも打ち勝つ強さを見出すことができるのです」。ボランティア活動はNGIDの日だけでなく、全従業員が年間24時間のボランティア活動に参加することができます。 

この世界的なイニシアチブは、ニールセンの13のビジネス・リソース・グループ(BRG)のひとつで、ボランティア活動を通じて社会貢献活動を推進することに重点を置いているケアズの年次行動要請である。ケアズ・リーダーの指導のもと、社内の100人以上の社員が動員され、世界各地でボランティア・イベントを主導し、仲間に参加を呼びかけました。 

例えば、ニールセンのボランティアは、高齢者のデジタル・インクルージョンを支援するためのフラッシュカードを作ったり、食料の仕分けや梱包をしたり、公園やビーチの清掃をしたり、リーダーシップ・スキルに関するワークショップを開いたり、人道支援団体を支援するための地図を作成したり、高齢者とのつながりや交友を提供したりと、さまざまなことを行った。 

ニールセンは、すべての人々にとってより良いメディアの未来を実現するという当社の目的の一環として、コモンインパクトと協力し、ニューヨークオフィスで初の対面スキルベースのボランティアイベントを開催しました。28名のニールセン・ボランティアがチームに分かれ、メディアとテクノロジーにおける代表と、社会的インパクトのためのテクノロジー利用を推進する4つの非営利団体に解決策を提案し、実行可能な提言を行いました。参加した非営利団体は以下の通り:AI4ALL、The National Association of Broadcasters Leadership Foundation (NABLF)、The Paley Center for Media、Potential Energy Coalitionである。各チームは、ウェブサイト戦略、視聴者ターゲティング、スポンサー拡大、データ管理など、さまざまなプロジェクトに取り組んだ。フォローアップ調査では、すべての非営利団体が、今後1年以内に、作成された作業や提供されたガイダンスを利用または実施できると回答した。 

「ニールセンのコーポレート・シチズンシップ担当バイス・プレジデントのアンドレア・バーテルズ氏は、「以前にもバーチャルなスキルベースのボランティア・イベントを実施したことがありますが、このように実際に会って体験することで、ニールセンのボランティアと非営利団体間のエンゲージメントが深まるのを目の当たりにして驚きました。「ニールセンのコーポレート・シチズンシップ担当副社長であるアンドレア・ベルテルス氏は、次のように述べています。「シニア・リーダーとの交流、セクターを超えた専門知識の共有、新しい文脈でのスキルの活用による革新的な思考、非営利団体へのより深い社会的影響など、スキルベースのボランティア活動の利点はすべて、このイベントで実現しました。 

年に一度の奉仕の日はボランティア活動のハイライトですが、ニールセンのコミュニティへのコミットメントは年間を通じて行われています。ESG目標の一環として、ニールセンは2024年までにコミュニティ向けプログラムへの従業員の参加率を30%まで引き上げ、私たち全員が思い描くより良いメディアの未来を実現するための組織や活動に対し、無償でのデータ提供、公開レポート、その他の支援で3,000万ドルの貢献を目指しています。2022年には、コミュニティプログラムへの参加率24.3%を達成し、プロボノ・プロジェクトやスキルに基づくボランティア活動を通じて、推定2,170万ドルの現物寄付を行いました。