02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>デジタル&テクノロジー

インフォグラフィック多文化消費者のブラックフライデー/サイバーマンデーのオンライン動向について

1 分で読めます |2013年11月号

ブラックフライデーとサイバーマンデーの境界線は曖昧になりつつある。2011年から2012年にかけて、すべての消費者の買い物傾向が劇的に変化したわけではないが、多文化消費者の間ではいくつかの大きな変化があった。

例えば、アジア系アメリカ人は、2012年のブラックフライデーに子供/ゲーム/玩具サイトを閲覧した時間が2011年よりも40%近く長く、閲覧した唯一のグループであった。2012年のブラックフライデーにワイヤレスサイトの閲覧時間が増えたのはヒスパニック系だけ(11%)で、クーポン/特典サイトの閲覧時間が最も増えたのはアフリカ系アメリカ人(16%)だった。

2012年のサイバーマンデーは、ホリデーシーズン中に一般的に人気のある小売サイトへの訪問が、全体的に若干減少した。しかし、アフリカ系アメリカ人とヒスパニック系アメリカ人の訪問者数は、2011年のサイバーマンデーからそれぞれ 32%、19% 増加しました。2012年のサイバーマンデーに家電製品サイトを利用した時間は、ヒスパニック系およびアフリカ系アメリカ人の消費者の間で最も増加しました(それぞれ14% 増、6% 増)。一方、アジア系アメリカ人および白人の消費者は、2011年と比較して、ニールセンについて 同様の時間をこれらのウェブサイトで過ごしました。

ファイル

関連タグ

類似の洞察を閲覧し続ける

私たちの製品は、あなたとあなたのビジネスをサポートします。

  • 消費者とメディアの視点

    ブランド、広告、マーケティングを成功に導くためのシンジケート調査やカスタム消費者調査にアクセスできます。

  • NCSolutions

    CPG広告の効果をデータで最大化し、より良いセグメント化、最適化、販売ベースの成果を可能にします。