本コンテンツへスキップ
インサイト>デジタル&テクノロジー

そして、グラミー賞は...

0分で読めるシリーズ|ニールセン ソーシャル部門 オーストラリア代表 スコット・ギルハム|2016年2月号
{“order”:3,”name”:”subheader”,”attributes”:{“backgroundcolor”:”000000″,”imageAligment”:”left”,”linkTarget”:”_self”,”pagePath”:”/content/corporate/au/en/insights”,”title”:”Insights”,”titlecolor”:”A8AABA”,”sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/subpageheader”},”children”:null}

第58回グラミー賞を記念して、セレブリティはレッドカーペットに、視聴者はデジタルデバイスに、それぞれ登場しました。イベント全体では、17.1Kのユニークな著者による76.1Kのツイートを記録しました。ハッシュタグ#grammysは3万件近くも言及されました。

テイラー・スウィフトとジャスティン・ビーバーは、それぞれ6,000件近く言及され、ツイーターによるトップタレントに選ばれたほか、最もソーシャルな瞬間の1位と2位を獲得しました。