02_Elements/Icons/ArrowLeft 戻るインサイト
インサイト>オーディエンス

2018年国際女性デー:女性オリンピック選手を祝う

2分で読む|2018年3月

2018年の国際女性デーを記念して、ニールセンはGracenoteの広範なエンターテイメントデータセットを分析し、男女平等の進展に関する新たな洞察を得ました。1900年代初頭まで遡る比類なきデータの宝庫を検証し、スポーツ、映画、音楽の分野における女性にとって極めて重要な瞬間に焦点を当てました。

先日閉幕した2018年冬季オリンピックでは、獲得メダルの43%が女子のみが出場できる種目で、男子は48%のみだった。これはオリンピック史上最も狭い男女差であった。オランダ、アメリカ、スウェーデンの3カ国は、女性アスリートの活躍という点で、メダル獲得に最も成功した国だった。オランダ、アメリカ、スウェーデンの3カ国は、女子選手の活躍がメダル獲得に大きく貢献した。

1960年以来、アメリカ人女性は冬季オリンピックで成功を収めてきた。実際、アメリカは1960年のスコーバレー大会で、10個以上のメダルを獲得し、メダルの半数以上を女子のみの種目で獲得した最初の国となった。最近の大会では、アメリカ女子アイスホッケーチーム(ジェイミー・アンダーソン、ミカエラ・シフリン、クロエ・キム、ジェシカ・ディギンズ、キッカン・ランドール)がアメリカのメダル総数を押し上げ、平昌で獲得したアメリカのメダルの52%を女子が占めた。

2018年冬季オリンピックでの話題は米国女性だけではない。スウェーデンでは、女性参加者が国全体のメダルの71%を獲得した。オランダでは、女性選手がメダル獲得数の60%を占めた。

今大会の2つの大きな話題は、やはり女性にまつわるものだった:チェコ共和国のエステル・レデッカが2つの種目で金メダルを獲得し、ノルウェーのクロスカントリースキーヤーのマリット・ビヨルゲンが冬季オリンピック金メダル最多記録に並ぶ8個目の金メダルを獲得した。

ニールセンについて 、音楽界で活躍する女性についての見識は、「音楽界で活躍する女性を祝う」の記事をお読みください。  

類似の洞察を閲覧し続ける